「この子優しいな!」と彼が胸キュンする女性の言動10個【後編】

「優しい」と思われたくて、彼に尽くしているのに、なぜか“都合のいい女”扱いばかりされるなんてことはありませんか? 恋人としても、結婚相手としても“優しさ”は重要なポイントですが、男心に響く女性の優しさとは一体どのようなも…

「優しい」と思われたくて、彼に尽くしているのに、なぜか“都合のいい女”扱いばかりされるなんてことはありませんか? 恋人としても、結婚相手としても“優しさ”は重要なポイントですが、男心に響く女性の優しさとは一体どのようなものなのでしょうか?

株式会社小さな彗星・代表取締役の鎌田大祐氏によれば、あなたの優しさで彼を感動させるためには、あなたが“たったひとりの理解者”だと彼に感じさせることが大切であるとのこと。そこで、前回の記事では、彼のハートをつかむ女性の優しさの具体例をまずは5個お届けしまいた。

では引き続き、鎌田氏から「この子、優しいな!」と男心をつかむ女性の言動5個を教えていただきましょう!

 

■6:他の男性より優れていることを伝える

「男性といるとき、他の男性と比べた発言をすることは基本的にはご法度ですが、根拠をしっかり出して、さらっと“あなたのほうが格好いい”が言えたら、それは唯一の理解者って思われるでしょう!」

 

■7:女性を引き合いに出して彼をもちあげる

「女性には理解しにくいでしょうが、交際中に彼から他の女性の名前が出てくることはあるでしょう。単に会社の愚痴かもしれないし、嫉妬させたいのかもしれません。

ぐっと優しく我慢して、そんなとき、“その子とあなたじゃ釣り合わないね!”って笑って言えたら、“6:他の男性より優れていることを伝える”と同じく、唯一の理解者と思われます」

 

■8:友人・知人(他人)の前で彼の悪口を言わない

「あえて“他人”と言いましたが、あなたと彼以外はすべて他人と思ってください。他人に彼の悪いとこを言って得るものはゼロといって良いでしょう。

あなたが信頼した相手にポロッと漏らした愚痴が、まわりまわって彼に伝わってしまうことだって十分ありえます。とにかく彼の陰口は厳禁。これは、彼との信頼関係を築く土台のようなものです」

 

■9:彼が自分にしてくれたことに“感激”する

「“優しいな”かどうかは分かりませんが、男性は“攻略心”の固まり。つまりあなたを喜ばせたいんです。ふたりっきりならまわりは気にせずにオーバーリアクションで喜んだり“感激”したりしてください。

泣いてもいいくらいです。“泣くほど喜んでくれるなんて……”と逆に彼を感激させることになるでしょう」

 

■10:“彼の敵=自分の敵”であることを表明する

「この表現には語弊があるかもしれませんが、彼の敵はあなたの敵! これをしっかり行動や言葉で伝えることにより、依存ではなく心強いパートナーとして、見てくれるようになります。

くれぐれも、彼の敵(苦手な上司や仕事上のライバルなど)をかばうような言動は慎んでくださいね」

 

以上、2回にわたって、「この子、優しいな!」と男心をつかむ女性の言動10個をお届けしましたがいかがでしたか? 最後に、鎌田氏からの一言アドバイスを。

「前編の冒頭でも述べた通り、男性の心には“女性が行った嬉しい行為”がきっちり刻まれ愛が蓄積されやすいのです。

“生まれ変わったらまた同じ人と結婚したいか!?”という60歳以上の既婚者向けアンケートでは、“YES”と答えたのは女性より男性が圧倒的に多いという結果からも、この真実がうかがえるのではないでしょうか!?

今、この時……あなたは彼に何を与えて、何を残しますか?」

“ただ尽くすだけの都合のいい女”ではなく、“彼の良き理解者・心強い味方”として、愛を育んでいきましょう。また、この記事を読んで「なるほどっ!」と思ったかたは、鎌田氏監修の恋愛メルマガ「銀のスプーン」(文末の公式サイトから無料で購読できます)もぜひチェックしてみてくださいね。

 

【男心シリーズ】

「こいつと付き合うのは無理」と思われてしまうNG行動8つ

彼氏ができない原因!男に嫌われる「SNS」のNG使用法3つ

彼が思わずドキっとして「あなたに恋しちゃう」行動15個

 

 

【取材協力】

※ 鎌田大祐(かまだ だいすけ)・・・ 代表取締役社長。昭和56年福岡県生まれ。14歳からショーモデル(海外)として活躍、18歳で会社を起業。現在も海外ブランドの専属モデルの傍ら、心理学に独自の体験をアレンジした技を13年間で“30万人以上”の人に提供して多くの支持を得ている。目下を監修。無料メルマガ登録や相談も公式サイトから可能! ブログは。