お尻が汚いのに悩む人へ…ブツブツ、ザラザラな汚尻をキレイにする方法

ニキビやニキビ跡、ブツブツにザラザラなどでお尻の見た目が汚いと、なかなか自分に自信が持てなかったりするものではないでしょうか。ツルツルすべすべなお尻に憧れてしまうもの。そこで今回は、そんなお尻が汚いのに悩む人に向けて、お尻が汚くなってしまう原因や、キレイにする方法をお届けします。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:お尻が汚いのは恥ずかしい

お尻というのは、普段は人から見えない部分とはいえ、いざというときに「実はお尻が汚い……」となれば、自分に自身が恥ずかしい思いをすることも多いのではないでしょうか。それに実は彼も「え……」とドン引きしているかもしれません。

そんな、汚いお尻には、今日限りでお別れ! お尻が汚くなる原因とその対策について紹介します。

 

2:お尻が汚くなる原因5つ

お尻はニキビができやすかったり、それがなかなか治らずにニキビ跡として残ってしまいやすいパーツ。その他、黒ずみやブツブツ、ザラザラなど、何かとトラブルも多いです。いったい何が原因なのでしょうか? 一般的に言われている原因を5つにまとめてみました。

(1)清潔に保たれていない

お尻というのは、どうしても蒸れやすい場所なので、毛穴に汚れがたまりやすく、それが原因で炎症を起こしてしまう可能性もあります。それがニキビなどの原因になるので、なるべく毛穴の汚れをためないように、毎日しっかり洗い、清潔に保つことが大切です。

(2)汗をかいて放置している

お尻というのは、思った以上に汗をかいている場所。汗をかいたまま放置してしまえば、ニキビやあせもなどの肌荒れの原因になります。お尻がブツブツしていたら、見た目はもちろん最悪……。特にお尻は、座ったりすることによって通気性が悪くなることが多いので、そのぶん注意が必要です。

(3)下着の締め付けが強すぎる

下着のサイズが合ってなかったり、締め付けが強いものを使用していると、それも肌トラブルの原因に。蒸れやすいのはもちろん、摩擦などの刺激によってざらつきや黒ずみを引き起こす場合も。

なるべく通気性のいいものだったり、肌にやさしい素材を使ったものを着用するようにしましょう。

(4)無意識に触っている回数が多い

家ではよくお尻をぽりぽりかいている……なんていう人はいませんか? お尻をかくクセがあると、それによる刺激によってお尻の皮膚が傷ついたり、また黒ずみの原因になることもあります。

(5)肌の乾燥

先ほど、お尻をかくクセの話をしましたが、そのかゆみの原因ともなるのが、乾燥。お尻だけでなく、肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こしますよね。乾燥しているとざらつきや黒ずみを引き起こす可能性があり、汚尻を加速させてしまうことは間違いありません。十分にケアするようにしましょう。

 

3:汚いお尻をキレイにする方法5つ

では、汚いお尻をキレイにするには、どうしたらいいのでしょう。先ほどの原因をもとに5つの方法を紹介していきます。

(1)スクラブなどを使いながら清潔に保つ

先述したように、毛穴の汚れを溜めないことが大切です。なので、日々の入浴はもちろん、古い角質がたまっているように感じる場合には、スクラブ入りの洗浄料を使って、しっかりケアするようにしましょう。

ただしゴシゴシと洗いすぎてしまうと、肌に刺激を与えてしまって逆効果になるので、丁寧にやさしく洗うようにしましょう。

(2)お尻の汗をかいたらこまめにケア

お尻に汗をかいてしまった場合、できるだけ放置しないことも大切です。すぐにシャワーを浴びれるのであればそれに越したことはないですが、外出中の場合は拭き取りシートなどで対応するようにしましょう。

また暑い夏の日だけでなく、冬にも要注意。こたつや電気カーペットを長時間使用することによって、お尻に汗をかくこともあるので、放置しないことが肝要です。

(3)下着選びを慎重に

キュッと上がった美尻に見せたくて、サポート力の強い下着を愛用している人もいるかもしれませんが、締め付けは汚いお尻の原因に。またサポート力の強いストッキングなども、締め付けの原因になるので注意しましょう。また、化学繊維の下着は通気性があまりよくないものも多く、コットンやシルクなどの素材のほうが、通気性がいいとされています。下着選びをしっかり行うことも意識してください。

(4)お尻がかゆいのはなぜ?を解消

普段、お尻をかくクセがある人は、肌にかゆみが出ている原因が何かということをつきとめなければ、根本的な解決にはなりません。あせもなのか、乾燥なのか、あまりにも症状が気になるときは専門家へ相談するの方法のひとつです。

(5)しっかりと保湿する

かゆみの原因にもなる乾燥は、しっかりと保湿することで対策しましょう。ちなみにゴシゴシ洗いすぎることも乾燥の原因になります。そのほか、ボディクリームを塗るなど、自分の肌にあった方法でしっかりとケアするようにしましょう。

 

4:汚いお尻を美尻に!

実はお尻が汚い女性は、彼にドン引きされている可能性も。また、ジムの更衣室や温泉施設などで、他人の目にさらすのも恥ずかしいですよね。せっかく顔や髪はきれいにしていても「お尻は汚い」と思われてしまっては、元も子もありません。

汚いお尻に気づいたら、今すぐ習慣の見直しやお手入れの改善を図って、美尻を目指していきましょう!