心の癒しを求めて…傷ついた心や疲れた心を癒す方法10個

「ストレス社会」と言われる現代。日々ストレスを抱えて、心の癒しを求めている人も多いことでしょう。しかし、ストレスをたくさん抱えれば抱えるほど、心を癒す方法を考える余裕すらなくなってくることも……。そこで今回は、自分でできる心の癒し方を10個ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:心の疲れや傷ついた心の癒し方が知りたい

どうしようもなく心が疲れてしまったり、深く傷ついてしまったりしたら、心を癒したいと思いますよね。

しかし、疲弊しきった状態だと、なかなか正常な判断ができず、ストレス発散をするにも、その気力が沸かなかったり、自分がどうやったら癒されるか、その方法を思いつかなかったりしてしまうことも……。

ストレスというものは、自覚するころには、既にとてつもなく大きなストレスがかかっているとも言われています。できれば、ストレスを感じる前から、日常的に自分を癒してあげるのがベストでしょう。

 

2:心の癒しが欲しい!自分でできる心を癒す方法10個

日々の生活を送っていると、楽しいことよりも辛いことのほうが多いということもあるのではないでしょうか。そこで、自分で心を癒す方法をご紹介します。

(1)ペットを飼ってみる

アニマルセラピーという言葉が有名になってきましたが、動物には人を癒す効果があると言われています。

もしも動物が苦手でなければ、自分の心を癒すために、ペットを飼ってみてはいかがでしょうか? ハムスターなど、比較的お世話しやすい動物を選ぶのがオススメです。

(2)お気に入りの少女漫画を開拓

純粋な思いを描き、ハッピーエンドになる展開が多い少女漫画は、荒んだ気持ちをリフレッシュさせてくれます。自分の青春時代を思い出し、満たされることも多いでしょう。

最近はレンタルコミックや電子書籍など、手軽にこういった作品が読める環境が整っているので、思いつきた瞬間に読めますよ。

(3)公園でぼーっとする

日光を浴びる時間と精神の安定には、関係があると言われています。

社会人になると、なかなか外に出る機会も少なくなりますが、お休みの日などは、できるだけ日光を浴びるよう心がけましょう。日中に、緑のたくさんある公園などでぼーっとするのがオススメです。

(4)旅行する

気持ちを切り替えるためには、今ある環境から物理的に離れるのも有効です。

情報過多になると心が疲れやすくなるため、スマホなどは置いていき、ゆっくりと旅行してみましょう。人里離れた温泉などに行けば、心も体も休まりますよ。

(5)恋人を作る

お互いに大切にしあえる恋人の存在というものは偉大です。家族よりも、日々の不満やストレスなどを共有やすいと感じる人も多いため、日ごろ抑制した感情をオープンにして、溜まったものを解放しやすいと考えられます。

また、好きな人といるとそれだけで安心できて、日ごろの疲れも癒されることでしょう。

(6)自分へのちょっとしたご褒美

ネガティブな言葉や思考をすると、脳が影響を受けてしまうと言われます。そのため、嫌だと思うこともポジティブなことに転換することで、心の疲れが取れていくはずです。

例えば、嫌なことをしなければならない日や疲れてしまった日は、「これをやったらコンビニのプリンを食べる!」など、ちょっとしたご褒美を用意してみましょう。

(7)とにかく寝る

寝不足に陥ると精神が不安定になり、うつ病リスクが高まると言われています。そのため、とにかく寝ることも効果的。目が覚めたら、イヤだった気持ちがすっかり抜けてしまうことも多いですよ。

夢は記憶を整理すると考えられていることから、寝る前に幸せになれそうな画像や動画を見ておくと、良い夢が見れていいかもしれません。

(8)親切をしてみる

大人になると、人に褒められることがめっきり減り、仕事や家事にやりがいを感じなくて疲れてしまうことが多いですよね。そんなとき、街中でちょっとした親切をしてみましょう。

良いことをしたという気分の良さと、ありがたがられる嬉しさを感じて、心の癒しを得られるはずです。

(9)思いっきり泣く

どうしても耐えられないほど心が酷く疲れたり、深く傷ついてしまったりしたなら、思いっきり泣いてしまいましょう。医学的にも、泣くことでストレスが解消されることは立証されています。

自分の今のつらい感情を涙で洗い流せば、気持ちもスッキリして次に向かっていうことができるでしょう。

(10)ありのままの自分を受け入れる

自分を評価したり、常に自分自身と戦っていたりすると消耗しがちです。そういう人は他人からの評価を気にしたり、比較したりしてしまうことも多いでしょう。

しかし、人によって得意不得意がありますし、頑張ってもなかなかできないこともあるはずです。そういう自分を丸ごと受け止めてあげると気持ちもラクになってきます。

 

3:心の癒しを英語で言うと?

心を癒すために海外に行くこともありますよね。海外で「心を癒してくれる場所に行きたい」と思ったら、どう表現したらいいでしょうか?

英語で、心の癒しは「heart healing」と表現できます。覚えやすいですね。
「I wanna go to a place to heal my heart.」と言えば、心を癒すための場所に行きたいということが通じるでしょう。ちなみに「癒しの場所」ならば、「A place pf healing」です。

 

4:まとめ

何かと疲れてしまいやすい世の中ですが、自分なりに、最大限に心を癒してくれるモノや場所を見つけ、定期的に心を休めていきましょう。

そうすることで、ストレスを感じずに生活できるかもしれませんよ。