嫉妬深い女の特徴って?嫉妬する女性の心理や実録エピソードも

恐ろしいけれど、避けることも難しい「嫉妬」という感情。人間誰しもが嫉妬心を抱いてしまったり、また他者からの思いもよらない嫉妬にさらされたりします。知らず知らずのうちに嫉妬深い女にならないように、冷静さを身に付けておきたいもの。そこで今回は、嫉妬深い女の特徴や、嫉妬する女性の心理、さらにリアルなエピソードをご紹介します。
©gettyimages

1:嫉妬深い男と嫉妬深い女ってどっちが悪質?

嫉妬というのは、男女問わず持ってしまう感情。「嫉妬深い男」と「嫉妬深い女」、どちらが悪質なのか……は一概には言えないと筆者は考えます。

一般的には女性の嫉妬について取り上げられる機会が多いように思いますが、男性の嫉妬のほうが厄介で恐ろしいなんていう話も耳にします。どちらとも用心したいところです。

 

2:嫉妬深い女の特徴5つ

まずは嫉妬深い女の特徴をお送りします。自分に当てはまっていないか、確認しながらチェックしていきましょう。

(1)比較しがち

嫉妬深い女の嫉妬の源泉として、人と自分を比較してしまうことが挙げられるでしょう。

例えば、彼氏が元カノとどのような付き合いをしていたのかが気になってしまったり、それ以上の関係を求めるようなことをします。元カノや友達などと比較して、自分がどれくらい大事にされているのか確認したい気持ちがあるのです。

(2)執着心が強い

執着心の強さも特徴のひとつ。「好きだから」という理由ではなく、単純な執着心から嫉妬の感情に発展していく場合もあります。

ひとつのものを長年大事にする、というのは一見良いことですが、裏を返せば執着心が強いとも言えます。彼氏に対する執着心が強すぎると、束縛などの行為に発展することも多いでしょう。

(3)恋愛以外に興味が薄い

恋愛以外に興味が薄いということも、嫉妬深い女性にはありがち。

恋愛が生活の中心であり、ほとんどすべてを占めている恋愛脳な女性で、他に趣味や仕事、友人関係などに、興味をあまり惹かれない人も。そのため、必然的に恋愛、つまるところ彼氏のことを考える時間が増えていきます。

そうすることでより、恋愛への依存が高まり、嫉妬の感情も激しいものになっていくことが考えられます。

(4)自信がない

自分に自信がないことで、相手がどこかへ行ってしまうのではないか、誰かにとられてしまうのではないかという不安に陥ってしまう女性も。そんな不安から、彼の女友達や元恋人への嫉妬心が生まれるのです。

(5)負けず嫌い

負けず嫌いというのも特徴も挙げておきましょう。

嫉妬の感情をほどいていくと、誰にも負けたくない、自分だけを特別扱いしてほしい、ほかの女なんか見ないでほしいといった、利己的な気持ちが見えることもあります。とにかく誰にも「負けたくない」と思っている女性もいるようです。

 

3:付き合ってないのに嫉妬する女の心理5つ

彼氏や夫に嫉妬するのは、よくあること。しかしまだ付き合ってもいない段階で、すでに嫉妬してしまう女性がいるのも事実です。その心理はどういったものなのでしょうか。付き合っていないのに嫉妬した経験のある女性を直撃してみました!

(1)付き合っていないからこそ

「付き合っていないからこそ、嫉妬するんです! だって、相手がほかの女性と会っても、たとえ付き合ったとしても、何も文句を言えない立場じゃないですか。だからこそ、別の女に先を越されるんじゃないかってハラハラして……。ちょっとでも誰かと仲のいい様子を見てしまうと、嫉妬で心の中はドロドロです」(Hさん・29歳女性)

(2)みんなに好かれたいから

「素敵な男性みんなに好かれたいって思っちゃダメですか? 付き合う・付き合わないという問題ではなくて、素敵だなって思った男性には、私のことも好きでいてほしいと思ってしまいます。

だから、他の女性に目がいっているのがわかると、つい嫉妬しちゃいます……。彼女ができそうになると邪魔しちゃうこともあります。まぁ、その彼と付き合うかは、また別問題ですが」(Eさん・26歳女性)

(3)彼の中でのいちばんは私でありたいから

「付き合ってはいないけど、なんとなく彼は私に好意があると自覚しています。今はお互いに恋人を作る気はないけど、もしその気になったら、付き合うんだろうなっていう感じ。

だから”ほぼ彼氏扱い”みたいなところがあって、嫉妬も普通にしますね」(Rさん・24歳女性)

(4)落としたくなる

「すっごく彼女を大事にしていたり、誰かを大好きだったりする男性って落としたくなりません? 本当にそんなに好きなのか、どれほどの気持ちなのかが気になるし、ただ自慢したいだけじゃないのって疑ってしまう。

その大切にされている女性が羨ましいという、嫉妬の気持ちも入っているんでしょうけど」(Yさん・31歳女性)

(5)手が届かない相手だけど

「手が届かない相手で、お付き合いは無理だろうなっていう人でも、憧れたり、好きになっちゃうんですよね……。自分からアタックなんてできないし、少女マンガみたいに彼が私を好き!なんていうこともなくて。

でも好きっていう気持ちは止められないから、嫉妬もガンガンしちゃう! 自分でも疲れるし悲しいから、やめたいけど、やめられない(泣)」(Uさん・29歳女性)

 

4:女性の嫉妬は恐ろしい!職場でありがちな嫉妬エピソード3つ

女の嫉妬をなめると痛い目を見ることに……。今回は、職場でありがちな恐ろしい女性の嫉妬エピソードをご紹介します。

(1)悪口

「会社の同期で、嫉妬が原因で悪口を言いふらされたことがあります。

ある女の子が片思い中の男子と私が仲が良いっていう、よくある状態だったんです。でもその男子は彼女にまったく興味がなくて……。それが、なぜだか私のせいだと勘違いされて、至るところで私の悪口を言っていたみたい。めっちゃくちゃ迷惑でした……」(Hさん・25歳女性)

(2)イケメン

「部署で人気のイケメンがいたんです。もう明らかにみんなのアイドル状態で、職場の癒やしでした!

でもそのイケメンを本気で好きなお局さまがいて……。イケメンと長話をしようものなら、その後にネチネチと説教開始! しかも私だけ! しゃべってたのはイケメンも同じなのに(怒)」(Yさん・23歳女性)

(3)おしゃれ

「職場でいつも小言を言ってくる女性の先輩がいます。ちょっとおしゃれをしていくと、”会社に何しにきてるんだ”とか、”女使って仕事するな”なんて言われるし、逆に手を抜いていくと”社会人としての常識がない”なんて言われる始末……。

その女性は何かにつけて文句を言いたいだけで、自分より若い私に嫉妬しているだけだって周囲はフォローしてくれています……」(Aさん・32歳女性)

 

5:まとめ

嫉妬の感情とは恐ろしいもので、本人ですらコントロールが難しい場合もしばしば。嫉妬が原因で破綻してしまうカップルも珍しくありません。

嫉妬の感情と上手に付き合い、また嫉妬深い人とは適度な距離感を保つなど、工夫できるといいですね。