彼女とのセックスに対する男性の本音とは?興奮する瞬間、萎える瞬間8選

恋人とのセックスに満足している人もいれば、中には「実は不満があるけど、なかなか伝えられない」という人もいるでしょう。実は男性もまったく同じで、全員が100%満足しているわけではなく、彼女に対して不満を感じている男性もいるんです……。この記事では、彼女とのセックスに対する男性の本音、男性が興奮すること、萎えることをご紹介します!

1:彼女とのセックスに対する男性の本音

「ほとんどの女性が、セックスの最中演技をした経験がある」なんて言いますが、実は男性もけっこう演技をしているって、ご存知でしたか? セックスが終わったとき、一見満足しているように見えても、実は内心「う~ん、イマイチだったな……」なんて思っている男性も。

しかし、女性と同じように、「恋人を傷つけてしまうのではないか」という気遣いから、本音を言い出すことができません。いくら恋人といえど、セックスについて話し合うのって、なんだか気まずい……。

そこで今回は、男性たちに彼女とセックスをしたときに、興奮したこと、萎えたことを聞いてみました。男性たちのリアルな本音をぜひ聞いてあげてください。

 

2:彼女とのセックスで男性が最高に興奮すること4つ

まずは、彼女とのセックスで男性が興奮することからリサーチ。4人の男性にお話を聞きました。

(1)くっつきたがる

「セックスしているとき、彼女からハグをしてくれるのがすごい好きです。愛されているんだなって思いますし、相手の体温を感じられてすごく興奮する。

“自分からハグをするのが恥ずかしい……”っていう人は、手を握るだけでも喜んでもらえるはず。

セックスって男性主導になりがちだけど、女性も、ちょっとしたことでいいから男性を求めるような行動が見られるといいと思います」(Yさん・32歳/公務員)

(2)「好き」「愛している」という言葉

「定番だけど、やっぱり“好き”とか“愛している”っていわれるとめっちゃうれしいですね。

しかも、セックスの最中に言われるのがめちゃくちゃいい! 普段の何気ない会話の中とか、デート中に言われる“好き”もうれしいけど、セックスのときにいわれるのは、なんていうか、別格って感じですね。

本当に心から言っているんだなって感じがするからなのかも」(Iさん・24歳/旅行代理店)

(3)恥じらい

「僕もそうなんですが、彼女とのセックスで男が求めがちなのが、恥じらいです。

“裸を見られて、引かれないかな?”みたいな、好きだからこそ湧いてくる感情ってあるじゃないですか。その様子が伝わってくるとすごく燃える。

具体的に言うと、恥ずかしがってタオルで体を隠したり、セックスの最中に目が合ったとき、“恥ずかしいからあんまり見ないで……”って照れながらいう、みたいな感じ」(Nさん・27歳/自営業)

(4)見つめながら名前を呼ぶ

「この前、付き合って1年記念の日にセックスをしたのですが、見つめながら名前を呼んでもらったんですよ。

いつも彼女は恥ずかしがってばかりで、そういうことはしないんですが、記念日っていうのもあって感情が高ぶっていたのか、見つめながら名前を呼んでくれて。

あれは、めっちゃいいですね(笑)。まっすぐ僕を見つめる真剣なまなざし、艶っぽい表情。たまんないです。

ただ名前を呼ばれただけですが、ふたりの仲がより一層深まった感じがして、体だけじゃなく心もつながったって感じがして、すごく良かったです」(Kさん・23歳/大学生)

 

3:彼女とセックスで男性が正直萎える瞬間4つ

続いては、反対に萎える瞬間。ここでも4人の男性にお話を聞きました。

(1)あきらかに自分よりも経験豊富

「以前付き合っていた子の話なんですが、あきらかに僕より経験豊富なんですよ(笑)。

セックスのとき、僕の服を脱がせてくれたんですが、その手慣れている感に衝撃をうけたことから始まり、今まで体験したことのないような最高に気持ちいい前戯をしてくれて。さらには今までやったことのない体位にも挑戦させられ……。

もうね、男としてなんだか情けない気持ちになって、挿入中に萎えてしまいました(笑)。

彼女がセックス好きだと、うれしい。でも、あまりにも慣れすぎているとちょっと萎えます」(Sさん・24歳/営業職)

(2)大きすぎる声

「セックスのとき、まったくリアクションがない人を“マグロ”なんて呼びますよね。わりと嫌がられることが多いマグロですが、その反対にリアクションが良すぎる人も、実は苦手っていう男性は多いです。

古い日本人的な発想なのかもしれませんが、感じている声はやっぱり小さめがベスト。

海外のAVみたいに、大声で叫ぶように感じるのではなく、“恥ずかしくて声を出すのを我慢していたけど、気持ち良くてつい声が漏れてしまった”っていう感じがいい」(Tさん・30歳/飲食店経営)

(3)毛の処理が甘い

「毛の処理って大変ですよね。僕、毛がゴリラ並みに濃いから、これでもエステに通ったり、手入れしているんですよ。実際に処理をしている僕だから、その大変さはよくわかる。

ただそれでも、女性にはきちんと毛の処理をしていて欲しいんですよね。毛のない肌を求めてしまうんですよ。我ながら自分勝手だとは思うんですが……。

セックスのときは距離が近いし、肌と肌が触れ合うから、毛の有無はよくわかるし。セックスするかもしれない日は、念入りに処理したほうがいいかも」(Oさん・28歳/ブライダル関係)

(4)なにもしてくれない

「たとえ愛する彼女でも萎えるのが、何もしてくれない子。セックスの最中、手を握ってくれたり、ハグしてくれたり、そういうのはいっさいなし。前戯のときも触ってもくれないし、なめてもくれない。

恥ずかしいっていうのはわからなくはないけど、でもやっぱり物足りないし、“俺のこと、嫌いなのかな……”って、ちょっと寂しい気持ちになりますよね。

少しだけでもいいから、下手でもいいから触ってあげたほうがいいと思う。なにもしてくれないと本当にヘコむので」(Aさん・28歳/コンサルタント)

 

4:男性は意外といろいろ考えている

セックスの最中、終始気持ち良さそうな表情をしている彼。でも、頭の中は意外と冷静で、いろいろ考えていることが多いのです。

彼の体に触れてみたり、「好き」と言ってみたり、最初は簡単なことでもいいので、彼に喜んでもらえるような行動してみるといいかもしれません。