結婚向きの彼氏か恋人向きの彼氏かを診断!彼氏が結婚を考えてるサインも

彼氏はいるけど、この彼氏は果たして結婚に向いているのだろうか……。そんな不安を感じる女性もたくさんいまるでしょう。そこで今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、あなたの彼氏が恋愛向きなのか、結婚向きなのかを、シビアに判定しちゃいます!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚の話が出る前に…今の彼氏と結婚していいか悩む

「今の彼氏と結婚していいのかな」

「結婚だとすると、もっといい相手がいるのではないだろうか……。

女性なら誰しもが、そんな悩みを感じたことがあるかもしれません。彼氏のほうから結婚の話が出てしまったら、なかなか後戻りが難しいだけに、悩ましい問題とも言えるでしょう。

まずは5つのチェックリストで、あなたの彼氏が結婚向きかどうかをチェックしてみましょう。

 

2:あなたの彼氏は結婚向き?それとも恋人向き?診断チェック

(1)自分の楽しみのためにお金を使うのが好き?

まずはお金に対する姿勢から。

独身男性がお金を使いがちであること自体は珍しくありません。大事なのはその使い道!

彼のお金が、彼自身のオシャレや娯楽など、ほとんど彼ひとりの楽しみのためだけに使われているとすると、結婚向きの彼とは言えないかも。

セミナーや、自分の価値を高めるための自分磨きに使われているお金なら、結婚をしても、意義あるお金の使い方をしよう……という発想になりやすいでしょう。

(2)仕事以外に重要視しているものがある?

あなたの彼には、趣味やプライベートなど、仕事以外に重要視しているものがありますか?

仕事一辺倒の彼は、一見すると真面目なようですが、結婚しても仕事にだけ注力する可能性があるので要注意です。

(3)友達と夜遊びすることが多い?

友達と夜遊びすることが多い彼氏の場合、結婚して急に夜遊びがなくなる……ということはあまり考えにくいと考えるべきでしょう。

夜遊び好きな彼氏は、きっと人とのコミュニケーションも得意で面白いかもしれません。ですが、結婚向きか、そうでないかと言われたら、やはり「あまり結婚向きではない」と言えるでしょう。

(4)デート中はあなたに集中している?

デート中、彼はあなたのことをほったらかして、スマホで他の人と連絡を取ったり、ゲームに夢中になったりしていませんか?

デート中でさえ相手に集中できない彼は、結婚したら四六時中、自分のことばっかり! になってしまう可能性も。

やはり、デート中はあなたに集中してくれる彼こそ、結婚向きと言えるでしょう。

(5)家事や料理に対する姿勢は積極的?

家事や料理に対する考え方は人それぞれですが、結婚するのであれば、家事や育児など家庭のことに協力的かどうかも重要です。

基本的に自分がやってあげたいという考え方の女性も多いですが、女性側が熱を出したときなどには、育児や家事はパートナーの助けが必要なものです。

結婚相手には、このあたりの価値観の合った男性を選びたいものです。

 

3:結婚意識発言や結婚したがっている行動も!彼氏が結婚を考えてるサイン5つ

(1)友達に紹介する

わかりやすいところでは、友達に「これ、俺の彼女!」と紹介するという点です。

友達に紹介するということは、彼女を友達に自慢したい気持ちのあらわれですし、同時に、彼女に自分の友達を知っておいてほしいということでもあります。いずれも、お互い付き合いが長く、そして深いものになりそうだから……という意図があるでしょう。

(2)親に会わせる

正式な紹介や挨拶ではないけれど、ライトな感じであっても親に会わせる……という男性もいます。

というのは、プロポーズをしてしまったら基本的に後戻りができないですから、プロポーズ前に親の眼鏡に適うかどうかを、一応でもチェックしておきたいのです。

(3)子どもの話をする

「子どもってかわいいよね」「子ども何人欲しいの?」などなど……

子どものことが話題にのぼるとき、男性は結婚を意識していることが多いようです。

相手の子どもに対する意識や態度を知りたいという気持ちもありますし、それ以上に、相手の女性が自分との結婚を意識しているかどうかを、このような話題から知ろうとしています。

(4)指輪の話をする

指輪の話をするのも、子どもの話をするのと意味合いは同じ。

この話題を出したときの相手の反応によって、相手が自分との結婚に興味を持っているかどうかを探ろうとしています。付き合っているからといって、プロポーズをOKしてもらえるとは限りません。

まずはプロポーズをするかどうかの判断材料として、男性は、指輪の話題に対する反応を見ているのです。

(5)結婚したら……が話題に出る

こちらは非常にストレート。

結婚したあとにどのような生活設計を描いているか、聞き出そうという意図です。

自分の思い描いたものと同じかどうか確認しようとしていたり、そもそも結婚生活に興味があるのか……と探りを入れているのでかもしれません。また結婚のことが頭にあると、無意識に話題のひとつとして出される場合もあるようです。

 

4:彼氏と結婚したいけど踏み切れない理由3つ

(1)彼が子どもっぽい

結局、いちばん多いのが、彼の考え方が子どもっぽくて結婚に踏み切って良いのか迷う……という理由。

現実をよりシビアに見るのは女性の常で、男性はどうしても考え方が幼稚であると感じてしまいがちです。

結果として、「もっといい人がいるのではないか」と思ってしまう例もあるようです。

(2)お金がない

先立つものがないというのも、結婚に踏み切れない理由のひとつでしょう。女性側がそれなりに結婚を視野に入れて貯蓄していたとしても、男性側がちっとも貯金してくれない、ということも多いようです。

もちろん、女性側がまったく貯金できていないケースもあります。

(3)自分にやましいところがある

結婚に踏み切れないというと、どうしても男性側の問題のように思ってしまいがちですが、自分にやましいところがあるから結婚に踏み切れないという場合も!

例えば、さきに挙げた「自分が貯金できていない」というケースもこれに当たります。

他には、実は別に恋人がいる、家事が苦手で彼にバレたくない……などが挙げられるでしょう。

 

5:結婚はいつでも迷うもの!

どんなに相手が完璧な王子さまでも、いざ結婚するとなったら「これでいいのかしら……?」と人は迷うものです。

そこを乗り越えるためには、タイミングや思い切りといったものも必要になるのかもしれませんね。

いずれにしても、好きな人と結婚できるのはとても幸せなこと。自分の結婚のタイミング、ぜひ考えてみましょう!