男性のあえぎ声ってどう思う?エッチのときにあえぎ声を出す男性の特徴5つ

エッチの最中、彼のあえぎ声を聞いてドン引きしてしまったという経験はありませんか? 男性自身も「あえぎ声を出すのは恥ずかしい」と感じている場合が多いので、不意に出てしまった声に自分自身が戸惑ってしまうことも……。そこで今回は、男性のあえぎ声についての女性の意見と、声を出してしまう男性の特徴について紹介していきます。
Sexy young lovers being intimate in bed

1:男性のあえぎ声ってどう思う?

女性のあえぎ声は特に違和感なく出るものと認識されているのが事実。逆に男性が気持ちいいと感じたときに声が出てしまうと、それがきっかけで女性の気持ちに変化があることもあります。

筆者が独自にヒアリングした結果、30代の女性50名のうち、約3割となる17名の女性が、男性のあえぎ声に否定的でした。

どちらの言い分も見ておきましょう!

(1)男性のあえぎ声肯定派

「男性がこちらの声で気持ちいいとわかってくれるように、自分としても、彼が満足してくれているのかな、という目安になる。何よりカワイイ!」(Aさん・30代女性/販売)

「普段物静かだったり、男らしかったりしていて、あえぐように見えない男性があえぐ姿は、ギャップを感じます。もっと気持ち良くなってほしいとがんばれちゃう!」(Bさん・30代女性/飲食)

このように女性の中には、相手が気持ち良くなってくれている目安にできたり、ギャップを感じてキュンとしたりする人がいることがわかります。

(2)男性のあえぎ声否定派

「押し殺すような声ならまだしも、声が大きいと、びっくりするし冷める」(Cさん・30代女性/事務)

「相手の声でエッチに集中できなくなるからムリ!」(Dさん・30代女性/福祉)

男性のあえぎ声を聞くと気持ちが冷めてしまう人や、特徴的な声で気分がのらなくなってしまうなんて声も。また、想像以上に大きな声だったので、違う意味でドキドキしたなんていう意見もありました。

 

2:あえぎ声を出しがちな男性の特徴5つ

あえぎ声が出てしまう男性には、実は共通点があるという話も。ここで紹介するものに当てはまれば、もしかするとあえぎ声が出ちゃうタイプかもしれませんよ。

(1)Mっ気が強い

Mというのは「マゾヒズム」の頭文字。マゾヒズムとは、性的な対象から攻められる状態を快感と感じる体質であり、この場合、女性から攻められることで気持ちが盛り上がり、たまらず声が出てしまうよう。

あえて声を出して、相手女性のS心を刺激するなんていう行動に出ている可能性も考えられるでしょう。

(2)自分勝手

自分勝手な男性というのは、自分の気持ちに素直なので、エッチの仕方も自分本位になり、あえぎ声もかまわず出すことが多いのだとか。

また逆に「声を出すことのどこがおかしいの?」なんて開き直りを見せるようなことも。普段の行動が自分勝手なタイプであれば、あえぎ声を出すタイプかもしれません。

(3)なんでもオープン

あえぎ声も全然出しちゃう! だって気持ちがいいなら自然なことでしょ? というように、恥ずかしがる様子もないこちらのタイプも。

清々しいくらいに性に関してもオープンなため、声が出るのも恥ずかしいことではなく、自然なことと受け入れているのが特徴でしょう。

(4)年上にリードされるのが好き

年の差カップルは珍しくありませんが、特に男性が年下だとこのタイプに当てはまりやすく、年上の女性に優しく導かれることで興奮して声が出てしまう、なんていう声もありました。

というのも、自分より年下の女性にはあえぎ声を聞かれるのがプライド的に恥ずかしいと感じる男性も多く、年上女性であれば受け入れてくれるハズ……と思わず声を漏らしてしまうようです。

(5)状況的に気分がノッてしまう

シチュエーションが自分の性癖にヒットすることで、気分がノッてしまい、声を抑えられないなんていうタイプもいるよう。

エッチのシチュエーションによって興奮するのですから、それに当てはまった場合のみ声が出てしまうという限定的なタイプでしょう。なので、普段あえぎ声を聞かない彼から意外にも声が……といった場合が多いかもしれませんね。

 

3:ちょっと嫌…ドン引きしてしまった男性のあえぎ声3つ

彼のあえぎ声が一般的なのか特殊なのかは、なかなか比較対象がないので判断できないこともあるでしょう。ここでは思わずドン引きしてしまった男性のあえぎ声エピソードをご紹介していきます。

(1)AVのようなあえぎ具合に絶句

「当時付き合っていた彼は、いわゆるAVのセリフのようなあえぎ声が特徴的で、エッチよりも声に気が散ってしまうなんてこともよくありました。

“ソコすごくいい! もっとちょうだい”なんてあえいだときには、頭の中で“AVかよっ!”とツッコミを入れてしまいましたね」(Eさん・30代女性/美容部員)

そういうものを見すぎて知識が豊富になってしまったのかは定かではありませんが、まるでセリフみたいにあえぐ男性もいるよう。あまりにも特殊なあえぎ声だと、気が散ってしまい、気持ちが冷めることもあるので男性は気をつけたほうがいいかもしれませんね。

(2)やたらと「イク」を連発

「彼氏がイクって言葉をやたら言いますね。“イクイク、ウウッ……”とあえぐんですよ。正直、さっさとイケよって思いながらエッチしてます」(Fさん・30代女性/ネイリスト)

「イク」という表現もある意味AVっぽさがありますよね。連発されるというのが嫌な女性もいるようです。

(3)まるで悲鳴?近所迷惑が心配

「昔、つき合っていた大学の先輩が、それこそ悲鳴のような声であえぐタイプだったので、毎回近所迷惑になっていないかヒヤヒヤしていましたね……」(Gさん・30代女性/デザイナー)

事件性を感じるような声というのは、冷静に周囲のことを考えてしまうかもしれません。改善してほしいと思いつつ、なかなか言いづらい内容ですし、これは困ってしまうかも。

 

4:男でもあえぐときはある!あまりに気になるなら本音で話してみて

男性のあえぎ声もさまざま。あまりにも特徴的だと気持ちが冷めてしまうこともあるようですね。

しかし、彼のあえぎ声に戸惑いつつも、気持ち良く思ってくれているなら……と素直に受け入れられる女性もいます。自分が肯定派であれば、彼にコッソリ「声出してもいいんだよ?」と伝えてあげるのも、新しい刺激があって面白いかもしれません。