新婚カップルの貯金額のリアル!貯金ゼロからでもできるテクニックも

新婚の貯金額って、どのくらいが普通なのでしょうか? 結婚生活のスタートには、多くのお金がかかります。そのため、独身時代に貯めていたお金があっという間になくなってしまうことも……。そこで今回は、新婚カップルの貯金額のリアルをリサーチしました。また、貯金ゼロから始める貯金術もご紹介します。

1:新婚の貯金ってどのくらいが普通なの?

新婚の貯金額って、どのくらいが普通なのでしょうか。

結婚して新居を構える場合、引っ越しや、それに伴う家具や家電の買い足しなどの出費があります。さらに結婚式を挙げる場合には、結婚式の費用や指輪などなども……。とにかく、新婚生活のスタートには多くのお金がかかりますよね。

うっかり貯金ゼロになったら、どうやって貯金していけばいんでしょうか。

新婚さんの貯金の方法や、平均の貯金額などをみていきましょう。

 

2:新婚カップルの貯金額の平均は?

今回、『Myworldpoker!』では独自に、500名の既婚男女を対象に、新婚カップルの気になる貯金額についてのアンケートを実施。「結婚したばかりのころ、貯金額は夫婦合わせていくらくらいでしたか?」という質問をしてみました。

そのアンケートを集計した平均貯金額は、約375万円という結果に。

年齢にもよりますが、ふたりの貯金を合わせて400万近い金額があれば、新婚さんの貯金としては「普通」といえそうです。

ただし、貯金0円というカップルから、「2,000万円以上貯金がある」というカップルまで幅広い答えが集まった中での平均です。そこで、どのゾーンが多かったか、その金額のベスト3を見てみましょう。

1位:51~100万円・・・14.4%

「結婚後の安心のために、披露宴や挙式費用ですべて使い切らずに100万円は使わず残していた」という堅実カップルもいました。夫婦の生活費の数か月分が貯金できていれば、何かあったときの備えにもなります。

2位:なし・・・11.8%

新婚時に貯金ナシというカップルも相当数いました。愛があれば、多少の困難は乗り越えられるということでしょうか。

「貯金ゼロというのは、ちょっと不安だった」という声も多く聞かれましたが、一方で、ありがちな「自分の貯金を相手に遣われてしまった……」という不満が出ることがないというメリットも。

3位:151~200万円・・・8.4%

ふたり合わせて200万円ほど、というカップルが3位でした。

さらに続けると、4位は0~10万円で8.0%、5位は201~300万円で7.6%、6位:2,000万円以上で7.0%となりました。

 

3:共働きなのに貯金ゼロ!確実に貯まる貯金術5つ

共働きでふたりとも一生懸命働いているのに、なぜか「貯金がゼロ!」なんていうことも。たくさん稼いでいても、たくさん使ってしまえば貯金ができないのは当然のこと。そこで、新婚カップルが貯金をするためのテクニックをご紹介します。

(1)目標を設定

まずは目標金額と目標日時を設定しましょう。

無理のない範囲での計画が有効です。小さな金額でも目標通りに貯まることで、モチベーションもアップするでしょう。

(2)先取貯蓄

確実に貯金したい場合、もっとも有効なのが先取貯蓄です。毎月のお給料が支払われたら、すぐに一定額を別口座に移すなどして、容易に引き出せないところへ! そのお金は「ないもの」として生活するしかないのですから、確実に貯まります。

(3)お小遣い制

夫婦の財布をひとつにするか別々にするかは、それぞれの家庭の考え方ですが、貯金のことを考えるのであれば、ひとつにまとめてお小遣い制を導入するほうがベターです。なぜなら、そのほうがお金の管理をしやすいからです。

お小遣い制にしたことで、夫が飲み会を減らしてくれたり、パチンコで無駄遣いすることが減ったなどの効果があったという話も聞かれました。

(4)ボーナス貯金

ボーナスが入ると「仕事を頑張ったご褒美に……」「そろそろテレビを買い替えたいし」なんて、思ってしまいがち。楽しむことももちろん大事ですが、「半分は貯金する!」などと決めて貯金を増やしましょう。

(5)ひとり分をすべて貯金

夫婦が共働きの場合におすすめなのが、どちらか一方の収入を全部貯金に回してしまう方法です。

子どもができた場合に専業主婦を希望しているときは、夫の収入だけで生活する練習にもなります。

ひとり分の収入をまるまる貯金するので、溜まっていくスピードは抜群に早く、金額的にも大きなものに!

 

4:貯金できない新婚カップルの特徴3つ

次に、貯金ができない新婚カップルの特徴をみていきましょう。

(1)外食が多い

外食が多くなると、食費がふくらみます。お酒をよく飲むカップルの場合、家飲みと外飲では、かかる金額に大きな差がでます。自炊・家飲みに切り替えることで浮いたお金を貯金に回すことができますよ。

(2)相手頼り

「相手が貯金してくれているから大丈夫だろう」と考えている人は要注意。夫婦とは似た考え方のふたりがなるものですから、相手も同じように思っているかもしれません。

お金の遣い方や貯金の方法や金額などは、早めに話し合って明確にしておきましょう。

(3)独身感覚が抜けない

独身時代は、自分のお金は好きなように使っても誰にも迷惑をかけませんよね。貯金がゼロだとしても、困るのは自分だけ。そのため「貯金をしなければならばい」という緊張感がないこともしばしば。

結婚したからには、ふたりの将来のために貯金が必要です。

 

5:まとめ

新婚カップルの貯金額には、大きな差があることが判明しました。新婚なので、ここからふたりで力を合わせて貯金を増やしていくのも楽しいですよね。

協力して節約し、ふたりの未来のために貯金していきましょう!