「よがる」の意味は?エッチ中に男が興奮する彼女の「よがる声」と彼を「よがらせるテク」

「女性のよがる声を嫌いな男性はいない」と思っていても、どんな声が彼を興奮させられるのかわからない……なんて人もいるのではないでしょうか? 今回はそんな人のために、男性が興奮する「よがる声」をご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「よがる」の意味は?

(1)「よがる」とは?

みなさんは「よがる」という言葉の意味をご存じでしょうか? 「ちょっと、急に何言ってんのよ……。恥ずかしいじゃない!」なんていう人は、その意味をご存じのようですね。

よ‐が・る【良がる/善がる】

1よいと思う。満足する。また、得意になる。
2快感を声や表情にあらわす。

〈出典:デジタル大辞泉/小学館〉

2の意味で、主にエッチの反応などを言い表すときによく使われますね。

(2)「ヨガる」という使われ方も!

ちなみに、「ヨガをする」という意味で「ヨガる」なんて使い方をすることもあるようです。テニスをするという意味で「テニスる」なんていう使い方をしている高校生を見たことがありますが、そんな感じの使い方なのでしょう。

(3)「よがる」を英語でいうと?

「よがる」というのは日本語ですが、英語では何と表現するのでしょうか? 調べてみると「moan」がヒットしました。意味としては「呻く」「うめき声を出す」なのですが、「give a moan of pleasure」で「よがり声を立てる」という意味になるようです。

ちなみに「moaning in pleasure」とYouTubeで検索すると、そういったヴォイスの動画がヒットします。

 

2:エッチ中に男が興奮する女性が「よがる声」5つ

それでは実際のよがる声についてご紹介しましょう。男性が聞いて興奮する女性のよがる声とは、いったどんなものなのでしょうか? 男性のコメントを紹介します。

(1)押し殺した吐息

「女性とイチャイチャしててハグとかしたときに、急に耳元で押し殺したような吐息を漏らされたらスイッチ入っちゃいますね。もうその声が聞きたいがために俺は君とイチャイチャしてるんです!みたいな」(Yさん/25歳)

女性の押し殺した吐息というのは、男性の本能を呼び覚ますのでしょうか。「その気がなくてもついついその気になってしまう」という意見もありましたね。

(2)「ちょっと待って」

「よがる声っていうか、めちゃくちゃ興奮するのは“ちょっと待って”とか“ダメ”とかいうセリフじゃないですか。腰とかくねらせながら“ダメ”とか言われると、もうとまらない。どんなにやめてと言われても、もう無理」(Eさん/28歳)

「ダメ」や「やめて」といった、女性のイヤがるセリフに興奮するという意見は多かった印象です。しかし、女性のみなさん、「無理」というセリフは禁物です。男性が傷ついてしまうようです。

(3)「ヤバい」

「“ヤバい”とか言われると、こっちもヤバくなっちゃうっしょ。“え、今のよかった?”みたいなね。あとは、“イキそう”とかね」(Aさん/23歳)

女性が気持ちいいことを素直に表現してくれると、男性も気持ちが高まるようです。「気持ちいい」と、素直に打ち明けるのも男性を興奮させるひとつのテクニックなのかもしれません。

(4)突然の悲鳴

「彼女に愛撫しているときにさ、突然声が大きくなるときあるでしょ? あの瞬間はすっごいエロいね。足ばたつかせたりとかね」(Sさん/29歳)

「性感帯を突然刺激されて、悲鳴のような声を上げてしまった……」という女性もいるのではないでしょうか。その反応は正解なようです。大きな声を出してしまったあと、そのことを恥ずかしがる様子を見せると、もっと興奮してくれるようです。

(5)声が出ない

「僕がベッドを共にした女性で、ひとりものすごく敏感な人がいたんです。その人は最初こそ声を出していましたが、声も出せないくらい、快感にのたうちまわっていました。あれがいちばん興奮しましたね」(Mさん/32歳)

「よがる声」とは、実際の声ではなく、声すら出せないその様子……それこそが男性が興奮する「よがる声」なのかもしれません。「音なきを聞く」というやつですね。

 

3:彼がよがる!エッチ中のすごいテクニック

今度は男性が「思わずよがってしまった」という、そのテクニックに焦点をあててみましょう。居酒屋で男女にお話を聞いてきました。

(1)全身リップ

「全身リップっていうのをやられたときは、すごい気持ちよかったですね。全身リップってのは、身体全体をキスしたり舐める行為なんですけど、どんどん感度が上がっていって。俺、男なのに、それだけでイキそうになったんですよ」(Nさん/28歳)

言葉攻めをしたり、わざといやらしい音を立てながら全身リップするのがコツなのだとか。

(2)口でのご奉仕

「口での奉仕がめちゃくちゃ上手い人がいた。それだけでイッちゃったんだ。あれはすごい特技だった。本人曰く、喉の奥を締めるんだって」(Rさん/25歳)

Rさんは、「男なのに思わず声が出てしまった」と当時を振り返ります。喉の奥を締める……練習したら、だれでもできるようになるんでしょうか。

(3)焦らす

「男を焦らすと、すっごい興奮してくれますね。愛撫にたくさん時間をとって、彼がもう我慢できない~ってなっても、さらに少し焦らすんです。言葉攻めしてみたりしてね」(Oさん/24歳)

男性を焦らすというテクニックも有効なようです。興奮が高まればそれだけ感度が上がるのだとか。しかし、前戯で興奮させすぎると、本番ですぐにイッてしまいがち。なので、そのあたりの塩梅は必要かも。

(4)騎乗位でのグラインド

「元カノなんですけど、騎乗位の腰使いがすっごくエロくて、いつもそれでいっちゃってました。グラインドが半端ないんですよ」(Wさん/28歳)

腰を上下に動かすだけではなく、前後左右にも動かして刺激するのだとか。「皮膚がこすれて痛いという場合は、ローションを使うといい」そう。

(5)前立腺の刺激

「男性にもGスポットがあるの知ってます? 前立腺のことなんですけど、女性と同じ快感を得られるんですって。そこでイかせてあげられると、もう男性は虜になりますね」(Tさん/32歳)

前立腺は、男性のお尻の穴に指を入れて刺激するそうです。

 

4:やり過ぎはNG?よがる声で男性を興奮させよう

いかがでしたか? よがる声にもよしあしがあり、気持ちよさの延長線にある「思わず出てしまった」よがる声が男性は好きなようです。一方、よがる声にわざとらしさを感じてしまうと、たとえそれが本気でよがっている声だったとしても、萎えちゃうらしい。よがる声の出し方にも、テクニックが必要なのかもしれません。