「静電気体質」でもバチバチなりづらくなる方法!原因は霊感と関係あり!?

「静電気体質」を自覚している人の中には「霊感と関係あり!?」なんて思っている人もいるかもしれません。今回は、“静電気”を徹底特集! バチバチりなづらくなる方法を一挙にご紹介します。

1:静電気体質ってスピリチュアルなことと関係あるの?

いろんなところに触るたびに、バチバチ……ッ!と、静電気が走ると、彼と手をつなぐのすらビクビクしちゃいますよね。

そんな静電気体質の人がいたら、「もしや霊感が強い!?」や「スピリチュアル的に、なんか特別な意味があるの……!?」と、思ったことがあるかもしれません。

また場合によっては、バチバチ……ッ!となるだけでなく、軽い火花が見えることもあり、その悩みが深刻になりがちな場面も……。

(1)静電気体質は霊感が強いという噂が…

「静電気体質な人は、霊感が強い」という噂は、一体どこから広まったのでしょうか? みなさんは聞いたことがありますか? 霊的なものは目に見えないので、余計に恐怖感を煽られる話です。

「霊的なものは、電気があるところに集まる」なんて噂もありますよね。夜中テレビが勝手についたり、消えたり……という心霊現象をホラー映画などで目にしたことがあるかもしれません。この手の話が苦手な人がいたら、それだけで恐怖……ですよね。

しかし筆者が調べたところ、静電気がたまりやすい人は、れっきとした科学的理由がある!とのこと。このあたりの話はあくまでも“噂”であると考えたほうが、賢明かもしれません。

(2)静電気がたまりやすい人ってどんな人なの?

では、「静電気がたまりやすい人」は、どんな人なのでしょうか? さまざまな要因が考えられますが、まず一つに「肌が乾燥している」という説があります。

どういうメカニズムかというと、肌に水分があると通電しやすくなり、うまく体内の電気が放電されます。しかし肌が乾燥していると放電がうまくされず、体の中に電気がたまりやすくなります。その状態で金属に触れると、バチバチッ!と静電気を感じることが多くなるのです。

彼と手をつなぐたびにバチバチッ!となっている場合には、“どちらかの体が乾燥している”という状態が起きていると考えられます。

 

2:静電気体質は改善できる?バチバチってなりづらくする方法8つ

この静電気体質を改善するには、どうしたらいいのでしょうか? ここでは筆者が調べた方法を8つ紹介します。日常生活におけるちょっとした工夫の積み重ねが大事なようですよ……♡

(1)体をしっかり保湿する

まず紹介する方法は「保湿」。乾燥が静電気の原因であることは先述の通りですが、とにかく日頃から体を乾燥させないことが大切! ハンドクリームやボディクリーム、ボディオイルなどをこまめに使って、体を常にうるおった状態に整えましょう。

コツは、できるだけ保湿力の高いアイテムを選ぶこと。そうすると、より長い時間、体の表面はうるおいを保ってくれます。また、体が乾く前のこまめな塗り直しも、不快な静電気を予防するために効果的な方法です。

(2)髪をしっかり保湿する

体と同じく髪が乾燥していても、静電気が発生しやすくなります。そのため、髪も日頃からきちんと保湿をしておくことが、イヤ~な静電気を防ぐために大切!

具体的な方法としては、シャンプーのあとに保湿力の高いコンディショナーやヘアマスクを使ったり、スタイリングの前にヘアクリームやヘアミルクを使うこと。地道なお手入れの積み重ねが大事です。

外出先で髪が乾燥してしまう場合には、ミスト状のヘアトリートメントや、スタイリングを直せる保湿力が高いヘアクリームを用いるなどしてケアをすると安心です。

(3)水分をちゃんと摂取する

もちろん体内のうるおいも大切。ですので、日頃からこまめに水分を摂って、体の内側もうるおいをキープするように心がけましょう。

喉が渇いた状態を放置しないことや、喉が渇いていなくとも、こまめに水分補給をしておくよう意識してみることが大事。これだけでも変化を感じる人がいるのではないでしょうか?

出先では、飲み物を持ち歩くなどして、こまめに水分を補給してくださいね。

(4)マメに放電を促す(金属に触れる前には、絶対!)

体内にたまった電気をどこかで放出しなければ、たまっていく一方。

そこで、土を触ったり木製の家具類を触ったりして、日常生活ではマメに体内からの放電を促しておくことも、効果的な方法だとされています。

静電気体質な人は、体に電気がたまっている状態なので、金属を触るとその瞬間にバチバチ……ッ! なので、金属を触る前にこれらの物体を触っておくことによって、意図的に放電を促すことができますよ。

(5)静電気が起きにくい洋服を着る

洋服は、その素材の組み合わせによって、静電気を起こしやすくなります。冬の時期、衣類を脱ぐときに「パチパチ」という静電気を感じることも多いのではないでしょうか?

ですので、静電気体質な人ほど、着る服の“素材”にこだわってコーディネートを考えるのも対策のひとつ。

たとえば、ウールやナイロン、レーヨンなどの素材は「プラス」に帯電しやすい素材。他方でアクリルやポリエステルは「マイナス」に帯電しやすい素材に分類されています。

これらの“電位差”がある素材を組み合わせるほど、静電気が大きくなる傾向があるそうです。

日頃からバチバチッ!と静電気を感じやすい人ほど、「ウールとポリエステルの組み合わせ」や「ナイロンとアクリルの組み合わせ」は避けるように気をつけましょう。

(6)柔軟剤を使って洗濯をする

柔軟剤を使わずに洗った洗濯物よりも、柔軟剤を使って洗った洗濯物のほうが、よりしっとりとした仕上がりになりますよね。よって、静電気をためにくくなると言われています。

また市販の柔軟剤の中には「静電気を発生しにくくする」効果をうたっている製品もあります。なので、こういった柔軟剤を積極的に選ぶことも、静電気対策になりますよね。

「それでもやっぱりバチバチする……」といった場合は、洋服用のミスト消臭剤などをマメに使って、洋服が乾燥しない状態にしておくことも工夫になります。

(7)部屋を加湿する

静電気は、空間の湿度が低くなると発生しやすいと言われてます。よって室内の湿度を上げておくことも、静電気を防ぐために有効な方法です。

冬場に静電気を感じやすいのは、空間の湿度が下がっていることも大きな原因。意識的に湿度を上げることで、静電気が発生しにくい環境を作ります。一般的に、家庭での湿度は50%を目安に保つと良いと言われています。

部屋の湿度を上げると、体や髪の乾燥対策にもつながりますので、普段から静電気を感じやすい人ほど、“加湿器”を日常的に使うといいでしょう。

また、オフィスで静電気を感じる場合には、デスクにセットできるポータブル加湿器を使うのがおすすめ。自分のまわりだけでも、湿度だけでも上げておけば、静電気対策になりますよ。

(8)静電気防止グッズを持ち歩く

最近では、金属に触る前に触れておくと手軽に放電できる「静電気防止グッズ」も豊富。

量販店やバラエティショップなどで手に入りますが、近くに扱っているお店がない場合には、ネット通販でも手に入ります。

持ち歩くことを考慮した小さめサイズのアイテムも多いので、まずはこういったものを準備して、いつもバッグに忍ばせて持ち歩いておくと便利です。バチバチッ!とするシーンを外出先で回避することもできますよ。

女子が持っても恥ずかしくないようなかわいらしいデザインのグッズもたくさんあるので、ぜひお気に入りを見つけてお守りグッズのように常に持ち歩いてみてください。

デート中ならば、彼と手をつなぐ前にこっそり静電気防止グッズを触っておくと、不快なバチバチ……ッ!を防ぐコツにもなりそうですよ〜♡

 

3:静電気体質は工夫で乗り切る!

日常生活でよくバチバチ……ッ! 「私ってば、霊感体質だわ……」と恐怖を感じていた人は、この記事を読んでホッとしたかもしれませんね。

ご紹介したように、静電気が発生しやすい人にはきちんとした理由があると考えられます。また、ちょっとした工夫を積み重ねることで、対策することだって可能!

霊感やスピリチュアル的なことは関係なさそうですね。