浮気で離婚…浮気が原因で離婚する場合の慰謝料と離婚しない夫婦の特徴

浮気で離婚……は、決して珍しい話ではありません。では、浮気が原因で離婚する場合の慰謝料っていくらくらい? そして、浮気が発覚しても離婚しない夫婦の特徴って? 今回は「浮気で離婚」を徹底リサーチ!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:浮気が原因で離婚…後悔する原因は?

できれば「ない」に越したことはないものの、浮気が原因で離婚に至るケースは、決して珍しいお話ではありません。

(1)旦那が浮気……離婚したいと言われた!

実際のケースとしては「旦那が浮気していました。さらに、相手から“離婚したい”と言ってきました。もう、どうしていいかわかりません……」と、絶望的になる妻もいます。

こういう夫がいると、浮気した上に「離婚したい」だなんて、どこまでヒドい夫なの……と、周囲は呆れることになります。

(2)旦那の浮気で離婚したら慰謝料や養育費は確実に取れる?

旦那の浮気で離婚となっても、相手がしらばっくれて話にならない場合には、裁判所で離婚調停や裁判をして別れることに。

この場合、物証や証言などが必要になり、それらがないせいで慰謝料をとりっぱぐれるというケースもあります。

また、慰謝料や養育費で父親と母親が揉めている様子を子供に悟られるのはかわいそうだと思い、スマートに別れたものの、あとから「やっぱりお金はしっかりもらっておけばよかった」と後悔している女性も少なくありません。

 

2:離婚弁護士に聞いた!「浮気で離婚」のケース別慰謝料相場3パターン

では、ここからは、離婚を扱う弁護士たちに聞いた「浮気で離婚」の慰謝料相場を3パターン見ていきます。

(ケース1)子供がいるorいない

浮気の慰謝料そのものは、子供がいてもいなくても原則としては変わりません。

子供の有無で変わってくるのは、“養育費”の有無です。

(ケース2)証拠があるorない

話し合いで別れるのであれば、証拠の有無より夫が浮気を認め、その慰謝料を払う意思があるかどうかが、最大のカギに。

しかし、調停や裁判で離婚するのであれば、証拠がなければ慰謝料をとるのは難しいです。

(ケース3)相手が金持ちor貧乏

相手の資産や収入によって、慰謝料の相場が大きく変わると思っている人も多いのですが、日本の運用ではそのようなことはなく、あってもほんの少し考慮される程度だとか。

結婚期間やそれまでの夫婦関係が破綻していたか否か、浮気の期間などの事情によって、夫の収入や資産には関係なく、おおむね100万~300万程度になることが多いようです。

 

3:浮気が原因で離婚しそう……後悔しないために考えるべきこと3つ

さて、実際に夫の浮気や不倫が原因で離婚を考え始めた場合、後悔することのないよう考えておくべきこともあります。

(1)浮気をやめてくれる可能性はゼロではないのか

「俺は浮気してるッ! いや浮気じゃなくて、むしろ本気だッ! 慰謝料を払うし、頼むから別れてくれッ!」と、夫が相手の女性と一緒になるために必死で離婚したがっている場合、ショックから思考停止に陥ってしまう妻も。

しかしここで考えるべきは、少し時間をかければ夫が浮気をやめるかもしれないという可能性です。

「今は本気っぽいけど、1年、2年踏ん張れば家に気持ちが戻ってくるのではないか」と思うなら、離婚を踏みとどまったほうが後悔せずに済むこともあります。

(2)離婚して生活できるのか

浮気した夫に嫌悪感を抱いている場合、「とにかく早く離婚してスッキリしたい」となる妻も少なくないです。

しかしここで必ず考えるべきは「離婚後、自分はひとりで生きていけるのか」という点。

勢いで離婚して「経済的な読みが甘かった……」となると、あとあとになって困窮状態に陥ってしまう可能性だって、なきにしも非ずなのです。

(3)別居ではダメなのか

「浮気!? 即離婚だわっ!」となる前に、まずは別居ではダメなのか、一度冷静に考えてみても損はありません。

別居をしても、最終的に離婚を選ぶことになるかも知れません。でも、一度は生涯を誓い合った間柄。ほとぼりが冷めたころに「もう1度、夫婦としてやり直したい」という考えになるかもしれない、という可能性にかけることは、無駄にはならないはず。

 

4:旦那が浮気!でも離婚しない夫婦の特徴3つ

夫の浮気が発覚しても、離婚しない夫婦だってたくさんいます。

では、そんな夫婦の特徴とは?

(1)幼い子供がいる

まだ子供が小さい場合、たとえ夫が浮気したとしても離婚を選ばない妻は多いです。

経済的なことだけでなく、子供への心の影響を考えて「浮気は許せないけど、しかたがない」と思う女性は珍しくありません。

(2)お互いが世間体を極端に気にしている

「浮気が原因で離婚」という結末を迎えたくない理由が“世間体”にある場合、仮面夫婦を続ける選択をして、離婚はしないという人たちも少なくないです。

「世間体を守る」という目的が一致しているため、形だけの夫婦を続けるパターンです。

(3)浮気されても、好き

たとえ彼が浮気しても、「好きだから、最終的に戻ってきてくれればいい」という人もいます。また、夫への愛情は冷めたけれど、相手の女にだけは渡したくない、という気持ちから離婚しないという人も。

 

5:夫の浮気で離婚を選んでも後悔のないようにしたい!

夫の浮気が原因で離婚を選んだとしても、先々に後悔するような事態だけは避けたいものです。

できるだけ冷静に対処して、悔いのない選択ができればベターですよね。