え…自分でヤったほうがイイ!? 女の一人エッチに関する4つの真実

女同士って、彼のエッチのテクニックやアソコのサイズなどについては、何でも喋ってしまうものですが、なぜか決して語らないのが“一人エッチ”についてです。そんな、女同士でも明かすことのない一人エッチ事情って、一体どうなのか気になりませんか!? そこで、“女の一人エッチに関する4つの真実”に迫ってみたいと思います。きっと、あなたにも当てはまることが、いくつかあるのではないでしょうか。

1:多かれ少なかれ、ほとんどの女性がヤっている

決して認めることはないかもしれませんが、多かれ少なかれ、ほとんどの女性が一人エッチの経験があるようです。

女が、性的欲求を一人エッチで発散させるなんて、タブーのように思っているひとが多いかもしれませんが、本能を満たしているだけであって何の問題もありません。

性的欲求を処理するために好きでもない男性とセックスして、自分を妊娠や性病の危険にさらすよりは、一人エッチのほうがずっと安全ともいえます。

 

2:実際のセックスよりも気持ちイイ!

女になったことがない男には、どうされれば女性が絶頂に達せることができるのか、よく分からないものです。

彼に「こうしてほしい」と伝えても、思ったような快感を得られないことも多く、それなら、自分でヤっちゃったほうが良いという場合もあります。

一人エッチでは、パートナーとのスキンシップは楽しめませんが、手っ取り早く、絶頂に到達できてしまうのです。

 

3:一人エッチはかなり自己流

女友達と一人エッチについて語り合うことがないため、他のひとがどうヤっているのか、見当もつかないというひとがほとんどでしょう。

ゆえに一人エッチは、自分の欲求に従った自己流になることが多いようです。

バイブレーターを使って本格的にするひともいれば、指や手近なものを使うひとも。

要は、自分が気持ち良ければOKなのです。

 

4:男の欲求を満たさなくて済むから楽!

パートナーとのセックスは、自分が乗り気でないときも求められると応じてしまうことがあり、相手の要求を満たす必要があります。

ですが、一人エッチではそんな面倒がないため、単に楽なのです。

 

いかがでしたか!?

親友とも語り合うことがない、“女の一人エッチに関する真実”。

ナカナカ興味深かったですね!

セックスは人間の本能なので、一人エッチを恥ずかしく思う必要がないことを、覚えておいてくださいね。

(ライター さとうけい)