「不倫って一体どういう気持ちなの?」赤裸々ホンネ聞いてみた

不倫といえば、芸能人のニュースや、会社で誰かの噂話を聞く程度で、あまり身近に感じないものですよね。不倫ドラマの挿入歌がバックで鳴り響いちゃうようなドロッドロな男女関係は、筆者の日常にはあまりありません。正直、「みんなどうして不倫なんてするんだろう……?」な~んて思って、時々気になってしまうのが事実。

そういうわけで、今回は『Myworldpoker!』読者でもあり筆者の知人でもある、不倫歴5年のKさん(33歳/彼氏あり)と「不倫とは一体なんなのか?」ということについて赤裸々対談をしたものをご紹介したいと思います。

 

不倫はどうやって始まったの?

早速、不倫についていろいろ語っていただきたいと思います!

—Kさんは彼氏とは別に、既婚者の男性と関係を持っているんですよね? まずはその男性と、どのように始まったのか教えてください。

「始まりは今でもよく覚えているのですが、27歳くらいの時に、会社の取引先のスタッフとして当時31歳の彼と出会いました。

正直言うとタイプではないのに、一目惚れしちゃったんですよ。彼に惹かれたっていうのかな。

その時は一言二言交わしただけだったんですけど、すごく気になってて自分からネットで相手のSNSを検索して友達申請したのが始まりでした。今思うと、あの時そんなことしていなければ今の私はいなかったんだろうなと思います。

そこから彼が食事に誘ってきて、夜景見てそのままホテルに直行、みたいな感じでしたね」

—初デートですね! その時から関係はスタートしたんですか?

「はい。でも食事をする時は普通に話をしてたんですよ。そこから東京タワー近くのホテルのバーへ連れて行ってもらったんですけど、レストランからの移動中に”手をつなぎたい”って言われて。

とってもドキドキしながら手をつないだら、そのまま立ち止まって見つめられて。キスしました。今まで、あんなにドキドキしたことはないくらい、バーではずっと手をつないだまま夜景を見ていました。

席外したら、いつの間にかそのホテルで部屋とってて、そのまま東京タワーを見ながら初エッチしちゃいましたね(笑)」

—席外している時に相手がすぐ部屋を準備したんですね(笑)。そのまま泊まっていったんですか?

「いえ、帰りましたよ。やっぱり相手も家族がいるし、急な外泊は怪しいので、部屋はもったいないけど2時間くらいでチェックアウトしました。でも2時間で4回しちゃいましたけどね(笑)」

—すごっ! 相性がかなりよかったんですね?

「はい、すっごく相性はよかったし、お互いに心が満たされた気分でした。正直、身体の相性がよすぎたせいで今でもだらだら付き合ってるんじゃないかと思ってしまうくらい(笑)」

 

どんなエッチしてるの?

—相性がいいということは、結構今でも回数が多いですか?

「多すぎて覚えてないくらいです(笑)!

会うたびに2回は絶対するし、多くて5回とか。正直どんだけ元気なんだって思いますけど、私もなぜか全然オッケーで」

—なんだかすごいですね……。まさか場所も様々なんでしょうか?

「えぇ、もうそれはもちろん。

最初はホテルとか部屋とかなんですけど、富士山ドライブして、五合目で星見ながら車でエッチしたり、グリーン車でイチャイチャしたり、マンションの非常階段とか、なぜか私の部屋の台所とか、生理中の時はお風呂でガンガンしてますね。

あと、特別サービスで、ストリップとかもしてあげますよ。乱れる時もあれば、少女のように恥ずかしがってみたりもして、色々工夫してます」

—すごっ! そんなに色々何回もしてて、妊娠とか怖くないですか?

「ちゃんと避妊してますよ。でもゴムじゃなくて、私自身が避妊してます。ピルとか飲んでたんですけど、体に合わなかったし、むくんだりしてたので、避妊リングにしたらストレスフリー! おすすめです」

 

恋心はずっとあるものなの?

—今付き合って5年くらいですよね? やっぱり5年も経てばドキドキ感や恋心も冷めちゃいますか?

「全然! 今でもドキドキしっぱなしですよ。デートの前とか待ち合わせするときにドキドキするし、一緒にプチ旅行とかしても楽しみで眠れなくて寝不足になっちゃうくらいです」

—寝不足! すごいですね~。旅行とかはどこへ行きますか? やっぱり国内?

「ずっと国内ですね。最初は都内や横浜のホテルで1泊、それからは伊豆や箱根にも行きました。それくらいかなあ。

沖縄旅行とかも約束してたんですが、やっぱり一緒に飛行機に乗るのは、バレる可能性が高いから行けなくて。海外も無理だと思います」

 

不倫をしてて辛いことは?

—色々と縛りがあるみたいですね……。やっぱり辛いことも多いのですか?

「もちろんですよ。好きだからこそ一緒にいたいのに、クリスマスもお正月も一緒にいられないし。

唯一、付き合った記念日が一緒にいられるはずなのに、ちょうどそれが彼の誕生日っていうこともあって……。たまに家族には仕事だって言って、私と会ってくれるんですけどね。

他には、彼に会えないさみしさとか、生理前の情緒不安定な時とかに、誰にも言えない辛さとかですかね。彼氏は”どうしたの?”とか聞いてくれますけど、絶対言えないし(笑)。

あとはやっぱり相手に家族がいて、離婚できないので、一生こういう関係でいる現実ですかね」

—確かにそれは辛い……。生理前になると女性は変なこと考えますからね。

「そうそう! でも正直言うと、離婚して一緒になってくれても、きっとうまくいかないと思いますけどね」

—え!? それはどうしてですか? お互い好きなのに?

「不倫だからこそ楽しいんですよ。不倫だからこそ美化してる面もあるし、いつでも会えるわけじゃないからこそドキドキワクワクして、楽しくて、いつまでも若々しくいられる。そしておしゃれにも気を使いたくなる。

彼氏とは付き合って2年しか経ってないのに、そんな気持ちもうないもの」

 

「不倫」とはなに?

—不倫というのは、“自分を綺麗にしてくれる恋”と思っていると……?

「強いて言えばそうなりますね。相手の生活感とか見てしまったらもうそこでおしまい。

今は身だしなみにも気をつけるし、いつまでも女性らしくいたい気持ちがずっとあるし、不倫してから太らなくなったのもありがたいですね」

—太らなくなった!? そんなのめっちゃうらやましい!

「ドキドキするとなんかホルモンが刺激されるのかな? 太らなくなるんですよ。何食べてもおいしいけど、体重もキープしたまま。不倫は違う意味でハマっちゃってやめられないものですね〜(笑)」

—でも、バレてしまった時のことを考えると怖くないですか?

「怖いですよ。慰謝料とか払いたくないし、彼氏にバレたら傷つけちゃうので、お互いとっても慎重に気をつけてます。

相手はどうかわからないですけど、私はとりあえず彼氏にプレゼントしたり、デートしたり、普段から仲良くしてますよ。周りからはラブラブって言われてるくらい。

でも、バレたらバレたで仕方がないかな~とも思いますし。本当に彼氏が好きでバレたくないなら、とっくに不倫やめてるけど、そうでもないってことは、彼氏の存在がそこまで大事でもないのかなあとか、最近冷静に考えてますね」

 

いかがでしたか?

ドラマのようにドロドロした関係かと思いきや、案外アッサリしたものなのだな~という印象をうけました。

ダブル不倫ではないので、状況的にはまだまだマシなのかもしれませんが、彼氏や相手の家族にばれてしまったらと考えると「怖くて仕方ない」と彼女は語ってくれました。

いつまでも恋をしている気分になれるのは、聞いていてなんだか羨ましい気もしますが(特に太らないところ!)、それでも一人の人とちゃんと付き合っていきたいな~というのが、筆者の気持ちです。

あなたはどんな風に感じましたか? より一層パートナーを大事にしようと思ったでしょうか。それとも……不倫の恋、してみたいですか?

(ライター 蓮華巳美)