エステティシャンが「ムダな努力だな…」と思う女性の特徴3つ

「キレイになってやる!」そんな決意をして、お金を握りしめて通うエステ。しかし、もしエステティシャンから「ムダな努力だな……この人」と思われていたら!? 今回は、現役エステティシャンのA子さんが、匿名を条件に「この人はムダな努力だな」と思ってしまう女性の特徴を教えてくれました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:生活習慣がひどすぎる

A子「脱毛やフェイシャル、パック、美肌、小顔、痩身……、メニューはいろいろとありますが、サロンでは、どちらかというと外部からキレイになることをお手伝いするものです。

もちろん、その効果は期待できるものですが、外からキレイにするといっても限度というものがあります。

お肌に良い成分を、どんなに浸透させたとしても、胃腸など内臓の不調からくる吹き出物などは、防ぎようがありません。

毎日の暴飲暴食、酒やタバコなど毒物の過剰摂取が目に見えてわかるお客様がいて、改善の余地が見られないと、“この施術もムダになるな……”と悲しい気持ちになってしまいます。

あるとき、待合室でお客様がかばんに入ったお菓子をむさぼり食べている姿を目撃してしまったのですが、そのときの無力感ときたら、ありませんでした」

エステティシャンもあきれてしまう“生活習慣”の悪さ。キレイになろうと思ったら、外側のケアと、内側の健康を保つ努力。この2つが大切なようですね。

 

2:服装が壊滅的にダサい

A子「顔や身体をキレイにしたい!という意識が高い人が来店されるわけですから、それなりに身なりに気を使っているお客様が多いイメージをもたれるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

なかには、肉体の美醜の前に、ファッションセンスが壊滅的に悪い方もいらっしゃいます。

“あまり気を使っていないタイプ”のお客様の場合は、顔や身体がキレイになり、自分に自信をもてた結果、一気にオシャレになる場合もあるのですが……。

すでに、自分では全力で(?)オシャレをしているからこそ、本当に“どーしてぇ!?”と思ってしまうセンスの方っていらっしゃるのです。

例えば、冬用のコートを着ているのに、夏物のバッグを平然と持っているとか……」

ファッションセンスの悪さは、これはエステだけではどうもならない……と密かに思われてしまうポイントのよう。オシャレして行く必要はないかもしれませんが、普段着も気が抜けないですね。

 

3:態度が悪すぎる

A子「こんな暴露話をしてしまっている性格の悪い私が言うのも気がひけるのですが、態度が悪すぎるお客様にも、“これはどんなに美しくなってもムダ”と思ってしまうものです。

私たちは、キレイになる“お手伝い”をするだけですから、いくらその場では改善したとしても、お客様の努力もないと、それを維持することはできません。

とくに“金を払っているんだから、なんとかしてくれ”という態度のお客様は、他のすべてにおいてもワガママなことが多く、“ムダだな”……というより“ムリだな”と感じてしまいます。

“痛くないことだけをやってくれ”

“毎日のケアとかめんどくさくてムリ”

などと言われると、できる範囲でご要望にお応えするよう努力はしますが、ムリなものはムリです。

結果が出ないことももちろんですが、個人的な感情で、“こんな性格だったら、キレイになってもムダだよな”と思ってしまいます。私、プロ失格ですね」

態度の悪さは、性格の悪さ。いくら外面がキレイになっても、確かにこれでは、誰からも好かれなさそうですよね。

 

エステティシャンがムダな努力だな……と思ってしまう女性の特徴を3つご紹介しました。話を聞くと確かに、「それはまず他になおすべきところがあるな」……と納得してしまう内容でしたね。

(ライター 月島もんもん)