ブサイク男の法則!モテるブサイク男とブサイクと言われる男の違いは?

今回はブサイクだけどモテる男の特徴と、「ブサイク」と言われてしまう男の特徴、そしてブサイク男と結婚した女性のエピソードを、『女性社員から“きもい”と言われない働き方』の著者である小川沙耶さん監修でご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:付き合うならやっぱりブサイク男よりイケメン?

(1)ブサイク男と付き合う意外なメリット

みなさんはブサイクな男と付き合ったことがありますか? 「付き合うならイケメンじゃないとムリっ」とのたまう女性と同じくらい、いやそれ以上の一定数、「私、結構ブサイクが好きー」という女性もいますよね。ブサイク男と付き合うメリットってなんなんでしょう?

(2)ブサイク男ほど勘違いしてる!?

「ブサイク」って言葉は、結構いろいろな意味を含んでいて、顔がベースだけれども(イケメンは決して言われない)、顔だけじゃない、何かがありますよね。

たとえばダウンダウンの浜田さんなんて『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』っていうミリオンヒットした曲の中でブサイク呼ばわりされていますけど、顔だけ見たら決してブサイクではありません。これは愛着をこめたブサイク呼ばわりですよね。

反対に「ブサイク男」と、悪い意味で後ろ指さされる男性って、キモい勘違いをしているケースが多いですよ。そのあたりも解説していきましょう。

 

2:ブサイクだけどモテる!? 彼女がいるブサイク男の特徴8つ

(1)ブサイクはカッコいいと思っている

「イケメンなんかより、ブサイクのほうがカッコいいんだよ」。こんな勢いがあるブサイク男は、モテるし彼女もいることが多いですね。

自分ではブサイクキャラで売りつつ、「全然ブサイクじゃないじゃん!」と思われることも多いでしょう。それだけセルフイメージって大切なんですね。

(2)髪型や仕草がイケメン

顔はブサイクなんだけど、髪型や仕草が完璧にイケメン。いわゆる「雰囲気イケメン」ってやつですね。こういうブサイクも、モテますし、彼女がいることが多いでしょう。

「それって勘違いなんじゃないですか?」と思う人もいるかもしれません。でも、この場合、本人が完全になりきっていますので、「キモさ」は醸し出されないのです。セルフイメージって、本当に大事。

(3)女性のことが大好き

たとえブサイクでも、女性のことが大好きで、それを隠さずにアピールする男性は、返報性の法則(※1)も働き、女性からも好かれます。モテますし、彼女がいることも多いでしょう。

「ブサイクだね!」と言われると、普通ならばムカつきますし、相手を嫌いになってしまうものですが、それ以上に「女性大好き!」な気持ちが強ければ、全然ヘコたれないんですね。

※1 他人から何かをしてもらった場合に、お返しをしなければならないと思う感情

(4)金持ち

金持ちなブサイクも、やはり需要が高いです。「浮気の心配もないし……」なんて、むしろ結婚まで考えると、イケメンな金持ちよりもモテるのではないでしょうか?

お金さえあれば、ファッションや美容に気を使うことで、それなりにイケメンっぽくなりますし、性格にも余裕が出ますからね。

また、それだけお金を稼げているということは、何かしらのスキルが高いか、ずば抜けた人間力があります。だから、ちょっとくらいブサイクでも、なんの問題もなくモテます。

(5)女性の口説き方を知っている

女性の口説き方というのは、ある程度パターンがあります。口説き方のマナーを知っていて、スッと近づいてくるスマートな男性に女性は弱いものです。

自分がブサイクでモテないことを若いうちに自覚した男性の中には、それでも諦めずに、失敗から学び、一生懸命に女性の口説き方をマスターする人がいます。

こうした人は、ブサイクならではの成長を見せ、モテますし、彼女もいるでしょうね。

(6)強そうに見える

「強い男が好き」という女性は、一定数存在します。ブサイクなブサ顔を活かして、「恐メン」っぽい雰囲気にするのは、難しいことではありません。

体格のいいブサイクが「恐メン」っぽい雰囲気を醸し出し、男性グループ内でもちょっと偉そうに振舞うことで、そういうのが好きな女性と付き合えているケースは結構あります。

話してみると本当に恐い人ではなく、ただの「心優しい強がりなブサイク」なので、女性からの人気は意外と高いのです。

ただし、弱そうに見える本当に恐い人にからまれると、カッコ悪いとこを見せてしまうので、がっかりされることもあるかもしれません。恐そうに見える恐い人には最初から近づかないので、大丈夫なんですが……。

(7)友達がもっとブサイク

一般の人と比べるとブサイクなのかもしれませんが、連れている友達がもっとブサイクの場合、女性が目の錯覚をおこし、「ちょっとだけイケメン」に見えてしまうことがあります。

こういう「グループ内ではイケメンのほう」なブサイクも、ある程度女性からモテますし、ちゃんと彼女がいることも多いでしょう。

普段からそのグループ内で「イケメンに見られている」という自覚があると、なぜか態度や雰囲気もイケメンになってくるんで、人間とは不思議なものです。

(8)コバンザメ

「友達がもっとブサイク」とは逆のパターンで、友達がイケメンばかりなタイプ。周囲をイケメンだけで囲われると、「この人は、こういうタイプのイケメンなのかな?」と見えてきてしまいます。

アイドルグループなどは個性が大事ですから、「私はこの人が好きー!」と、どのメンバーにも一定数のファンはつきますよね。知ってか知らずか、その現象を利用しているわけです。

ブサイクなのにイケメングループに入れるあたり、コミュニケーション能力にも優れているんでしょうね。意外と4、5人のグループだったら3位か4位に入るくらいはモテますよ。

 

3:顔は関係ない!ブサイク男と言われる男性の特徴5つ

続いて、顔は関係なく、「ブサイク男」と言われてしまうかわいそうな男性の特徴をご紹介します。

(1)自己イメージと周囲のイメージの乖離

周りからは「中の下くらい」と普通レベルに思われている男性が、それを感じつつも、「俺は上の中だ!」と無理やりアピールしているケースです。

「はぁ? イケメンじゃないよね……」と言うことをみんなが言いたくなってしまい、結果、「ブサイク男だよね」との評価をされてしまいます。

周囲のイメージと違ったキャラを強引に演じようとする場合、どうしてもぎこちなくなります。そのため、気持ち悪さを醸し出してしまい、本来の造作以上にブサイクに見えてしまう……という現状が起きてしまうのです。

(2)雰囲気ブサメン

雰囲気イケメンがいるように、世の中には「雰囲気ブサメン」というのも存在します。決して言うほどブサイクではないのですが、髪型や仕草、話し方など醸し出す雰囲気から「ブサイク」に見えてしまうのです。

では、どういった髪型や仕草、話し方が「雰囲気ブサメン」を作るのか? みなさんは、そこのところを知りたいと思うでしょう。続けて説明していきましょう。

(3)髪型がブサイク

ブサイクな髪型をしていると、顔までブサイクに見えてくるから不思議なものです。どういう髪型がブサイクは、一概には言えないのですが、ひと言で言うと「似合っていない」。

自分にどういう髪型が似合うか……というのは、やはりセンスの問題なのですが、最初に述べたように「周囲と自分のイメージに乖離がある」場合は、周りからみて「なんか変だな?」という髪型になってしまうんです。

「自分を客観的に見るセンスのなさ」がブサイク男と言われてしまういちばんの理由かもしれませんね。

(4)仕草がブサイク

仕草のブサイクさも、顔は関係なく「ブサイク男」のレッテルを貼られる原因となりますね。

どんな仕草がブサイクかと言うと、運動神経のなさと不器用さから醸し出される「ぎこちない動き」。「運動神経がいいとモテる」のは、なにも小学生までではありません。「なんかあの人、雰囲気あるよね。カッコいい!」と言われる男性は、だいたい運動神経がいいものです。

(5)話し方がブサイク

話し方が意識されるのは、主に対面においてです。なので、このシチュエーションでブサイクだと、やはり「ブサイク男」のニオイが醸し出されます。

どういった話し方をブサイクと感じるでしょうか?

たとえば、よく声が裏返ってしまう男性に「げっ……」と思ったことはありませか? だんだんブサイクに見えてきてしまいますよね。

反対に、顔はブサイクでも、低く、渋いトーンで話されると、なんとなくカッコよく見えてしまうものです。

裏返った声というのは、「話す」という自分の動作に意識がなく、反射的に、無意識に出される声です。もしかしたら、このあたりは「運動神経のなさ」と関わっているかもしれません。

身体操作が苦手な男性って、やはりちょっと頼りなく思ってしまいますよね。このイヤな違和感を、ボキャブラリーの足りない人は「ブサイク」と表現することもあるでしょう。

その足りない表現が周りからするとおもしろいので、浸透してしまうのですね。残念です……。

 

4:不細工男と結婚……幸せですか? 体験談3つ

不細工男と結婚した女性たちに、失礼ではありますが、「幸せですか?」と尋ねてみました。

(1)「カッコよくなってきました!」

「最初の印象は“不細工な人だなぁ”でしたが、性格に惹かれて、結婚までしてしまいました。最近はカッコよくなってきたと思います。

見慣れたとかではなく、年齢とともに渋くなってきたというか、最初からおっさんぽかったんだけど、年相応になってきたというか。

幸せとかそういうの恥ずかしくて言いたくないですが、仲良くしてますよ」マリ(仮名)/35歳

(2)「時代が彼に追いつきました!」

「私の夫、すごく塩顔なんですよ。それも少年隊のヒガシくんみたいにキレイな顔ではなく、ちょっとクセのある顔で。

私は好きだったんだけど、当時は“不細工”とみんなに笑われました。でも! 最近は! 塩顔ブームに便乗したのか、“ダンナさん、イケメンですねー”と娘の学校でもよく言われるようになりました。

時代が彼に追いついたんですかね? 結婚してよかったです」チサト(仮名)/38歳

(3)「顔より収入!」

「やっぱり結婚しちゃうと、顔より収入ですよね。転職して給料が3倍くらいアップしたとき、本当にカッコよく見えましたから。イケメンだな、この人って。本気で思いましたよ。

年収が増えて自信がつくと、貫禄も出てきて、客観的に見てもちょっとカッコいい感じだし。浮気の心配までしちゃうときあります。前だったら、考えられなかったですね。

なんだかんだ、よく働いてくれて、家族のために頑張ってくれて、とても幸せですよ、はい」マナミ(仮名)/34歳

 

5:女の見る目は確か!

ブサイク男の特徴と、結婚後のエピソードをご紹介しました。いかがでしたか? 男は顔じゃない。ブサイクかどうかの印象は、いろいろな要素が絡み合って作られるものなんですね。

そういう意味で、女性というのは男性を見る目がすごくあって、「この人、なんかカッコいい!」と思われる男性には、目には見えない、言葉では説明しつくせない、「何か」の力が備わっているのです。それを見抜く直感、大事にしてくださいね!
 

この人素敵!と思える男性と出会う方法

ブサイクでも女性にモテる男性って確かにいますよね。性格や雰囲気など自分の好みに合っていれば、周りにブサイクと思われてるとしても、その直感は大事にしたいもの。そんな異性との出会いが欲しいと思っている女性も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめなのがこれらのマッチングサービス。自分にとって完璧な男性にも出会えちゃうかもしれませんよ!
 
 

早速ためしてみる
 
 
早速ためしてみる
 
 
早速ためしてみる
 
 
早速ためしてみる
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMyworldpoker!に還元されることがあります。