危ないッ!助手席の彼女に「彼氏が激怒する」マナー違反行為7つ

みなさん、ドライブデートで助手席に座るとき、マナー違反行為なんてしてませんよね? 今回は、助手席の彼女に彼氏が激怒する、マナー違反行為を徹底解剖します!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:助手席に座ったときの「マナー」が知りたい

ドライブデートで助手席に座ったとき、どんなふうに振る舞えばいいのか、地味に悩んじゃう女子は意外と多いのでは!?

「ちゃんとしないと、印象が悪くなりそう!」とも思いますよね。

(1)「寝る」のはマナー違反なの!? 免許持ってないからわからない……

遊びに行った帰り道、疲れてしまって思わず助手席で眠り込んでしまいそうになりますが、寝るのはマナー違反なのでしょうか!?

免許を持っていない女子ほど、「寝ていいの? 寝ちゃダメなの?問題」で頭を抱えがちです。

(2)「こんな子、彼女にしたいな」「いい彼女だな」と思わせよう!

せっかく助手席に座るなら、彼が「こんな子、彼女にしたいな」「いい彼女だな」と思ってくれるような“助手っぷり”に徹していきたいところ。

運転中は、彼の両手がふさがりますので、的確にフォローしてあげることができれば、好感度もグッと上がります。

 

2:危ないだろ!彼氏が激怒するドライブ中の助手席NG行為6futaつ

ここからは、彼が激怒するドライブ中のNG行為を7つ見ていきましょう。

(1)手を繋ぎたがる

渋滞中ならまだしも、走っているときに「ねー。手を繋ぎたーい」なんておねだりは、危険行為に。

片手運転は危ないので、絶対に誘ってはいけません!

(2)キスしたがる

手を繋ぐの同様に、いきなりキスしたがるのも危険行為です。

基本的に、横から声を掛けられたリ、不用意な動きをされると、気になってとても危ないのです。

もちろん、いきなりキスをするとか、絶対にやめましょうね。思わず、彼がアクセルやブレーキを間違えて踏んでしまったら、間違いなくあなたのせいですッ。

(3)食べたくないものを無理やり食べさせる

眠気覚ましにガムを食べさせたくて「これ、食べる?」と質問したあと「いらない」って言われているのに、無理やり口の中に食べ物を突っ込もうとするのも危険行為。

彼はあなたへの対応をしなければならず、運転への集中が途切れちゃうことに!

(4)自分のスマホ画面を見せる

友達から面白いLINEが届いたり、彼女だけYouTubeを見ていたりで「わー。これおもしろい!見て見て!」と運転中の彼に画面を見せようとするのも、超絶危ない行為です。

(5)ベタベタくっつこうとする

運転中の彼にベタベタくっつこうとして体を寄せまくるのも危ない行為。

車によっては、運転席と助手席の間にギアがあって、勝手にギア変換されちゃうことも!

危ないですね~。

(6)「あーっ!」などと大声を発する

いきなり「あっ‼」などと大声を助手席で発するのも危険な行為となります。

運転している彼はビックリして、急ブレーキを踏みかねません! 驚きすぎて逆切れされることもあるので、くれぐれも注意してください。

 

3:「わーい」彼氏が喜ぶ助手席彼女の嬉しい気配り7つ

では、助手席の彼女がしてくれると嬉しい気配りって……?

(1)話題を提供する

運転中は、前を見ている彼ですから、楽しい話題を提供して、場を持たせるように心がけると「気が利くなー」という評価に。

(2)飴やガムを準備している

眠気が襲ってきたときに、飴やガムを的確に差し出せると好感度アップです。くれぐれも無理やり口に押し込んだりはダメですから注意してください。

(3)彼の好きな曲を一緒に聞く

ドライブ中、音楽をかけるなら、彼女の好みより彼の好みを優先。彼は気持ちよくハンドルを握れます!

(4)温度調節を自分でする

「暑い」「寒い」など車内の温度に不満があるとき、いちいち彼に設定してもらうのではなく、自分でちゃんと調節できると、ちょっとしたことながら「彼が運転に集中できる気遣い」となります。

(5)飲み物の蓋を開けてあげる

運転中に飲み物を飲むとき、ペットボトルの蓋を開けにくそうにしていたら、進んで開けてあげると、こちらも気が利く振る舞いとして喜ばれます。

(6)ゴミをまとめる

次のPAなどでゴミを捨てるべく、車内に出たゴミは自発的にまとめるようにすると、彼の負担が少なくなります。

(7)「疲れていたら休もう?」のひと言が言える

運転している彼が眠そうにしていたら「早くー。まだ着かないのー?」ではなく、「疲れていたら、休もう?」のひと言を。

【復縁特集】元カレを忘れられない…ヨリ戻す!?

 

4:知っておきたい!助手席に乗るときのマナー7つ

では、助手席に乗るときのマナーって……?

座席の名前に「助手」と付くくらいですから、サポートに徹すると喜ばれます!

(1)運転に口を出さない

「なんでもっと早くブレーキ踏まないの?」など、彼の運転に文句を言うのはマナー違反。

イライラのもとになります。

(2)ナビ入力を手伝う

車が走り出す前に、ナビに目的地設定をするシーンで、これから運転する彼を気遣って「私が設定するね!」を言えると、思いやりを感じる男子も多数!

(3)渋滞中に抜け道をスマホでチェック

ナビを設定していても、ナビ通りに行くより抜け道があるんじゃないか……と分かる場所を走っているなら、スマホで抜け道チェックをして彼に提案してあげるのもアリ!

ただし、彼が「余計な御世話」と思うタイプかもしれないので、事前に「調べてみる?」のひと言を添えて。

(4)彼の集中力を削がない

彼が運転から注意を逸らしてしまうような話題は、避けるべき。

「あっ。景色キレイ~。右側見て?」など、目線を前方から外すような提案は避けるのがマナーです。また、「あっち! ほら!」などと、急に彼の顔の前に腕を伸ばして指差したりするのも厳禁です。

(5)渋滞になってもにこやかに

渋滞にハマるとイライラしてくる男子も多いのですが、一緒になってイライラすると、彼の苛立ちはさらに加速。

せめて助手は、にこやかに過ごしましょう。

(6)「運転してくれてありがとう」のお礼は忘れない

どんなに「運転が好き」を公言している彼であっても、お礼を言われれば嬉しいもの。

「運転、ありがとう」のお礼は忘れずに。

(7)ゴミは持ち帰る

帰り道に車内に出たゴミは、車に置きっぱなしにせずに、持ち帰るようにすると、気遣いとマナーが両立できます。

 

5:ドライブデートで愛を育もう!

ドライブデートは、密室でふたりきりになれる素敵な時間。

気遣いを形にして、彼が気持ちよく運転できるように配慮できれば、ふたりにとって、もっと最高の時間が過ごせるようになるはずです!

楽しいドライブをお過ごしくださいね〜。