伝説のナンパ師に聞いた!「ワンナイト狙いの女子にする」4つの質問

今回は大阪ミナミで100人以上をナンパして食事からお持ち帰りの成功率が9割を超えるというMさん(24)にワンナイトにしかならない女子にする質問を聞きました! 実はナンパ師は初対面で女子に対して「あ、この子はワンナイトいけるな」と見抜く質問項目を用意しているそう。

ナンパから「運命の恋」ってあるの!?

「お姉さん! 一目惚れしちゃった!」なんて巧みに声をかけてくるナンパ師。彼らはバーやクラブに多く出没します。普段は無視して通り過ぎることが多いかもしれませんが、お酒が入って少し気分がよくなった時の女子は「少しだけ話を聞いてみよっかな」なんて思ったりしますよね。

ドラマや漫画で最近よく見るナンパから始まる「運命の恋」に淡い期待を持つ女子も多いかもしれません。

もちろんナンパからお付き合いに発展することもあるかもしれませんが、「ワンナイト」目当ての可能性が高いです。

大阪ミナミのナンパ師Mさんが教えてくれた以下の質問には注意してみましょう! 

ワンナイトから彼女になれる確率は限りなく低い

「ワンナイト目的」の場合、声をかける段階からゴールに持ち込むまでの関係だけを求めるので、ナンパ師は「この子はヤレそう」「この子はヤレなさそう」という判断基準で動きます。

目的が「付き合うこと」ではないので、ナンパした女子のことを深く知ろうとしないのです。

そのため、本命の彼女にしたいと思った時にはしない「ワンナイト専用」の質問項目が存在します。

ふと、ナンパに淡い恋の期待を持った際に、初対面でこの質問をされたら「あ……こいつヤリモクだな……」と判断できるようになれば、傷つかなくて済むかもしれません。

(1)寂しがり屋かどうかを見抜く! 「ペット飼ってるの?」

Mさんいわくペットを飼っている女子は寂しがり屋が多いそう。

特にSNSのアイコンや投稿に自分の写真がなく、ペットの写真まみれの女子はどことなく自分に自信がなく、ペットに依存している傾向がある模様。

そのため、男性に優しくされたり、口説かれたりするとなんとなくガードが緩みやすいようです。

ただのペット好きの女子からしたらこんなことで「この子はお持ち帰りできる!」なんて判断されたらたまったもんじゃありませんが、実際にMさんがお持ち帰りに成功した女子の多くはペットを飼っていたそうです。

 

(2)今日は泊まって大丈夫? 「一人暮らし? 実家暮らし?」

これはド定番の質問ですよね!

彼らのゴールは「ワンナイト」に持ち込むこと。初対面でお酒が入るといきなり聞いてきます。

もし、本当にあなたのことをゆっくりじっくり知ろうとした場合「出身地」などを聞いてきますよね。でもナンパ師の彼らはストレート。

「泊まっても大丈夫か?帰らなくても大丈夫か?」ということだけが知りたいのです。

王道のこの質問。Mさんいわく直球ストレートで聞いてくる場合は「ワンナイト」目的の可能性が極めて高いそうです。

(3)じゃあ家で飲もうよ! 「お酒は何が好き?」

好きなお酒を聞いて「日本酒」と答える女子よりも「日本酒の●●」と銘柄まできちっと答える女子は持ち帰りしやすいそうです。

なぜなら「じゃあそれ頼んで飲もうよ」、「ここにないから買ってから飲もうよ」と自然な流れで誘うことが出来るからです。

初対面でのお酒の席で「何が好き?」と聞かれることは珍しくありません。

しかしその後の返しに注目してみてください。

本当にあなたのことを知ろうとしている男子なら話を広げる際、「じゃあ今度●●にいってみようか」などと別日での提案をしてくるはずです。

一方のナンパ師はその日限りの提案をしてきます。

(4)優柔不断かどうかを見抜く!「どんなお店が好き?」

ナンパ師が一番「ワンナイト」に持ち込みやすいと思う女子の特徴は「優柔不断」であること。

「えー、どうしよっかな……」と言っている間に気づいたらホテル……なんて経験をした読者もいるかもしれません。

Mさんいわくまずは「どんな店行きたい?」とナンパに成功した女子に聞くそう。

そこで悩む女子であれば、ナンパ師のペースに乗せることができるのでワンナイトに持ち込みやすいのだそうです。

 

どうでしたか?

ナンパ師は巧みな質問を使って「ヤれる女子」かどうかを判断しています。

今回はナンパ師のMさんへの取材ですが、ナンパではなくとも初対面の男性が上記の4つの質問をしてきた場合も要注意!

後悔する可能性のある「ワンナイトラブ」には充分に気を付けましょう。