それ駆け引きのつもり…!? 面倒くさがられる「女の嫉妬」3パターン

恋愛では駆け引きが重要な場面もあります。いかに相手の心を掴んで離さないかを『Myworldpoker!』読者のみなさんなら、いつも研究しているのではないでしょうか? 駆け引きの中の一つに嫉妬させるというものがありますが、これは少し間違えると“ただ面倒な女”だと思われてしまいかねません。男性陣からヤバイ嫉妬の方法を聞いてみました。

1:女友達を詮索

「前の彼女に女友達についていちいち関係性とか聞かれてウザかった」(26歳/IT)

「なんで友達って言っても信じてくれないんですかね?女でも男でも友達なんだから、それ以上ではないでしょ」(24歳/営業)

彼が友達だというなら踏み込まない

彼の女友達についていちいち聞くのはNGとのこと。

あなたと付き合っているのに、別の女の子と飲みに行くとか考えられない!と思うかもしれませんが、男性は彼女からでも友達関係に口出しをされるのは嫌なようです。

もちろん1対1の飲みなどは許せないかもしれませんが、複数の中に1,2人女性が混ざっている場合には、彼を信じてあげるべきなのかもしれないですね。

男性は信じて待っていてくれる女性には弱いものですよ。 

2:連絡が多すぎる

「女の子ってマメに連絡してくる子ばかりだよね。連絡くれるのは嬉しいけど、すぐに返事返さないと怒るのはちょっとやめて欲しいかな」(29歳/経理)

「仕事中とか連絡バンバンいれてこられると困る。仕事してるのわかってるだろうに」(30歳/総務)

仕事中の連絡はほどほどに

男性陣は、仕事中に彼女から連絡が来ても嬉しいと感じる人は少ないようです。

逆に、仕事中も構わずずっと返事が来るまで連絡をするような女性に対しての評価は辛口なものが多く、仕事に集中したいという声が多く聞こえました。

朝起きたときや寝るときなどに彼と連絡を取りたいという気持ちは理解してくれますが、「仕事中でも私のこと考えてて欲しい」となると、ただの面倒な女になってしまうようなので注意してください。 

3:お金の使い方を聞く

「彼女にお金を毎月どんなことにどれくらい使うのかって聞かれて、適当に答えてたら“じゃあ○万はあまるから二人の貯金にしようよ”とか勝手に言い出して、面倒だった。

それ以外にも、“今月金欠なんだ”って言うと、“何に使ったの?”っていちいち聞いてきて、“他の女の子にプレゼントとかしてないよね”とか疑われて、ホントにやめてほしいと思った。あれって嫉妬なんでしょ?」(28歳/販売)

同棲するまではお金はお互い自由に

男性に話を聞いてみると、彼女にもお金の使い道を言いたくないという人が多かったです。もちろん将来のことを考えると、相手がどんな風にお金の管理をしているのかは気になるところですが、付き合っている状態ではまだ聞いてはいけないよう。

逆にいつになったら聞いてもいいかと質問すると、多くの男性が、同棲をし始めたらお金の管理をされても許せるとの答えでした。

彼が浮気をしているのではないかという疑いがないのなら、相手のお金についてはあまり詮索しないほうがいいようです。 

3のお金の使い道については、相手がどんな気持ちで聞いていたのかわかりませんが、他の女の子へのプレゼントを口にするなら、きっと嫉妬だったのでしょうね。

相手と付き合い始めても、彼はあなたのものになったわけではありません。なんでも自分の思い通りなるなんて大間違い。彼の気持ちを冷めさせないように、嫉妬や駆け引きには十分気をつけてくださいね。