絶対に許せない!「呆れた男たちの浮気の言い訳」4連発

浮気について問い詰められると「ただ相談してただけ」「何もない」と、なんとか誤魔化す男性たち。バレてしまったとしても必死に隠し通すか素直に謝るのが一般的ではないでしょうか。でも実はびっくりすることに、浮気を悪いとは思わずに開き直る男たちもいるのです。筆者の友人たちに聞いた、“浮気のありえない言い訳”をご紹介します。

言い訳1:占いで忠告されたから

「占い師に、“キミは恋愛で相手を愛しすぎてしまったらつらい人生を送る”って言われたので、彼女はできるだけ数人いるようにしてますよ。だって、一人だけだったら、その人のことしか見えなくなるでしょ?」(25歳/飲食)

ーーでも浮気をしろとは言っていないのでは……?

「そりゃあ占い師も明確に言えないですよー。でもそういう意味なんですよ。占いで言われたことはちゃんと聞かなきゃ、傷ついたらもう時既に遅しだし」 

言い訳2:美しさ故の罪です

「仕方ないんですよ。これも私がかっこいいから。“美しい”って罪なんですよ。よく言いませんか?」(35歳/自営業)

ーーいや、わからないです。イケメンだからといって浮気するのとは関係ないのでは?

「だって、良い子孫をできるだけ残さなくちゃいけないじゃないですか。男性の本能ですよ。女性だって、優秀な子孫を残すために探し求めているのと同じ」 

言い訳3:相手への配慮だから

「んー。寄ってくる女の子たち断ったらかわいそうじゃないですか。なんか可愛そうで傷つけられないし……」(32歳/建築)

ーー浮気してる時点で傷つけているのでは?

「だからバレないようにするんですよ。それもある一種の気遣い、配慮ってこと。イタリアでは、女性をナンパするのが礼儀なんですよ。僕はナンパはしないけど、寄ってくる子たちを喜ばせるのも礼儀じゃないですか」 

言い訳4:人生一度きり

「人生、いつ何が起きるかわからないので、今のうちに楽しんでいたいのが僕の考えですね。だって明日死んじゃうかもしれないし」(27歳/飲食)

ーーだからと言って浮気する必要もないのでは?

「でも本当に好きな子の他にも“遊びたいなぁ”って思う子もいるわけだから、同時進行しなくちゃいけないし…。浮気は悪いってよく言うけど、人生を無駄なく過ごしているのが何が悪いんですかね?」 

「占い師に言われたから」という、今までに聞いたこともないような開き直り方、いかがでしたか?

どうやら男性の中には浮気は悪くないと思っている人も少なくない様子。

思い切り嘘をつかれて隠されても嫌でしょうが、こんな風に開き直られてもいかがなものでしょうか? 付き合っていた時間を返してほしいですよね。