何回でも言っちゃう!彼氏に「好き」って伝えた時の胸キュン神対応3つ

みなさんは、彼氏に「好き」と言葉にして伝えますか? 言葉にする人もいれば、絶対言わない人もいるかと思います。愛の伝え方は人それぞれです。せっかく気持ちをストレートに言葉にするのなら、彼氏からのレスポンスに素直に喜びたいものですよね。今回は、何回でも伝えたくなる! 彼氏に「好き」って伝えた時の胸キュン神対応3つをご紹介します。

1:自然体が一番。ナチュラル系男子

「俺も好き」と素直に言葉にされるのがやっぱり嬉しいものです。

変に気取ることなく、いかに「好き」というフレーズを気持ち悪さなしに伝えてくれる男子はポイント高めですよね。何回だって伝えたくなります。

いくら喧嘩しても、ちょっと腹がたっても「好き」という言葉は不思議でお互いを特別な存在に繋げてくれます。

伝え方が自然体であると計算高くなく、心を開いてくれてるんだと女子側もリラックスして関係を築くことができます。

いつだって愛のバランスが大切ですが、そのバランスをはかるためには、何の計算もいりませんね。 

2:ちょっとした心の変化に気づく。王子様系男子

「好き」と伝えたとき、普段あまり気持ちを言葉にしない女子に対し、「どうした? 急に」などと声をかける男子を指します。

自分の感情の前に、彼女に対して問いかけてくれるのは、常に気にかけてくれている証拠です。そんな優しい心の持ち主だからこそ、たまには甘んえてみるのも悪くありませんね。受け止めてくれる新しい彼の一面を見ることができるかもしれません。

しかし、こうした女子の心の変化に気づく男子は大変モテるケースが多いです。言われ慣れているからこその冷静さである場合もあります。

「どうした? 急に」。その問いかけに対し、どんな反応をするか期待されている場合もあるので慎重に対応しましょう。 

3:俄然男前!返事は行動派男子

「当たり前だよ」と抱きしめてくれたり、頭をなでてくれたりするような男性を指します。「好き」だと伝えると、何倍にも安心感を与えてくれる彼は大変頼りがいがありますね。安心感を感じると、想いもスムーズに伝えやすくなります。

ここで安心感を得るために想いを伝えるようになってしまっては、少々身勝手になってしまうので、程よいバランスが必要とされます。

このような優しさあふれる彼にはとことん甘えつつ、いざという時は支えになるような、そんな存在でありたいものですね。 

いかがでしたか?

想いを伝えることはそう簡単ではありません。しかし、その手段のひとつとして言葉が存在していて、表現ひとつで関係をより良くすることも悪くさせることもできてしまいます。それくらい影響力が強い人と人を繋ぐツールをどう美しく生かすかは、自分次第ですね。伝え方ひとつで、彼の反応もきっと変わるはず。