大事!合コン幹事に伝えておきたい「男メンバーの最低条件」4つ

「今度、合コンで男を紹介してあげるよ!」。そんなふうに友達から合コンを提案された際、単純に「ありがとう~」と返していませんか? 友達に全部任せてしまうものありですが、合コンで素敵な男性と出会うためには”男性メンバーに求める最低条件”くらいは提示しておいたほうが無難です。では一体、どんな条件を出せばよいのでしょうか?
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

条件提示1:話を盛り上げてくれる男

合コンにやってきた男性陣が全員”口下手”だったら大変です。女性の方から話題を振ってあげないと場が盛り上がらないというのは、かなりしんどい合コンになってしまいます。

また、合コンという場で会話を盛り上げてくれないような男性は、ある意味”気遣い”ができないタイプだとも考えられ、お付き合いをするのに向いていない可能性があるのです。

ですから、男性を紹介してくれるという友達には「ちゃんと話を盛り上げてくれる人がいい」と伝えましょう。

 

条件提示2:ちゃんと働いてる男

もし合コンで出会いを求めているのならば、最初からダメ男は排除しておきたいものですよね。そんなときは、紹介してくれるという友達に「ちゃんと働いている人がいいなぁ」とさりげなく伝えておきましょう。

合コンに来る男性の中には、稀にトンデモない男が紛れ込んでいます。夢追い人だったり、ニートだったり、女性から見て「なしだな」というタイプも少なくありません。

ですから、最低でも「ちゃんと働いている人」であれば、人並みにはしっかりしているはずですし、彼氏候補として安心してアプローチすることができます。

 

条件提示3:彼女を欲している男

合コンに来る男性は大きく分けて3種類存在しています。一つ目は”彼女を欲している男”、二つ目は”女遊びがしたい男”、三つ目は”付き合いで来た男”です。女性としては、後ろ二つのタイプの男性には合コンに来てほしくないですよね。

本気で合コンに出会いを求めているという人は、幹事に「彼女を欲している男」を呼んでほしいと伝えておきましょう。そうするだけで、合コンにやってくる男性のタイプも変わってくるはずです。

 

条件提示4:妻帯者じゃない男

合コンには稀に彼女持ちや妻帯者が現れます。彼女持ちの男性は、彼女と上手くいっていないだとか、そろそろ別れそうだとか、理解できなくもない理由がありますが、妻帯者はもうNGですよね。

しかも、彼らのほとんどは自分が妻帯者であることを隠して、女遊びのために合コンに来ているので、そんな男に引っかかってしまうと大変です。

幹事がいつも女性サイドの味方とは限りません。確信犯で妻帯者を合コンに呼ぶこともあるので注意してくださいね。

 

幹事に遠慮して、男性メンバーに口出しできないという気持ちはよくわかります。しかし、ろくでもない男性と合コンをしても時間の無駄ですから、最低限度の条件くらいは提示しておいた方が、合コンでいい出会いが期待できるのかもしれませんよ。