恋人候補だったのに…?友だちに格下げされる「会話の内容」5つ

「全然彼氏ができない」と悩んでいる人にとって、まず最初に考えるべきは、男性の中の恋人候補に入ることではないでしょうか? 「恋愛対象から外される危険は、日常的な会話にも隠されている」と恋愛カウンセラーのるーちん先生は言います。いったいどんな会話が友だちに格下げされてしまうのか、ご紹介しましょう。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:その気がないフリは危険

「“俺のこと好きなの?”と冗談交じりで言われたり、気持ちを探られそうな時の返しは要注意。

強がりを言ってしまったり、その気がないフリをしてしまったりすると、気持ちがないと彼は信じてしまうかも。素直にちょっと照れるくらいがベストです」 

2:ちょっとした女子力

「いい感じだと思っていたのに急に彼との距離を感じた時、気遣いや思いやりを忘れているかもしれません。“大丈夫?”の声かけ、名前を呼ぶ、目を見て話す、を忘れないでくださいね。

これがないと友達の枠に入ってしまう可能性大。常に女として見られたいという気持ちを忘れずに」 

3:親しき彼にも礼儀あり

「感謝の言葉“ありがとう”を忘れていませんか? 仲良くなりすぎた彼に、してもらうことに慣れてしまい、“ありがとう”が言えなくなってしまうと危険です。

彼は無意識のうちに恋愛対象から外してしまうかも。男女の間では特に言葉で感謝を示すことが必要です」

 

4:好きなタイプって?

「彼との恋愛トークは要注意。関係が濃くなるにつれて友達止まりか恋愛対象になるのかの分かれ道がやってきます。

好きな男性のタイプを聞かれて、的はずれな回答をしてしまうと友達止まりのレールに乗ってしまうかも。鈍感な彼にはバレバレなアピールくらいがベストです」 

5:過去の恋愛

「恋愛トークの中で1番のタブーは前の恋愛話です。過去の恋愛の話をしていると、気になる相手ではなく、良き相談相手として見られるようになってしまう場合が多いです。

元カノの相談をされる前にトークの流れを変えて危険を回避してくださいね」 

意外とタブーな話って多いんですね。距離が近づき過ぎると、恋愛対象から外れてしまうというのは、よくありそうな話です。

相手から恋愛対象として見続けてもらえるように、気を抜かないことが重要ですよ。

 【取材協力】

※ るーちん先生・・・多くの女性から恋愛成就できた!と口コミで評判の「るーちん先生の恋愛相談」。高い成功率が話題を呼び、多くのメディアで取り上げられるほどの人気の恋愛カウンセラー。特に、復縁や浮気、性の悩みなどの成功率は同業他社のアドバイザーからも一目置かれる存在。『電話相談』