気づかぬうちにプ~ン…暑い夏に気をつけたい「女の嫌な臭い」4つ

暑い日が続く夏のこの時期。男性とデートに出かけて気になるのは“身体の臭い”ではないでしょうか? 汗ばんだ身体で彼の隣に立ってしまうと、「汗臭くないかなぁ……」と自分の体臭などが気になって仕方がないという人も多いと思います…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日が続く夏のこの時期。男性とデートに出かけて気になるのは“身体の臭い”ではないでしょうか?

汗ばんだ身体で彼の隣に立ってしまうと、「汗臭くないかなぁ……」と自分の体臭などが気になって仕方がないという人も多いと思います。

しかし、夏に気にしなければいけないのは、汗の臭いだけではありません。様々な臭いについて気をつけておかないと恋のチャンスを逃すことになってしまうかもしれません。

そこで今回は、夏の時期に気をつけたい、男が嫌がる“女の嫌な臭い”について見ていきたいと思います。

 

■1:濃縮された香水の匂い

香りで女性らしさを醸し出してくれる香水。普段ならば素敵な匂いを周囲に漂わせてくれますが、夏は使用に注意が必要です。

というのも、この暑い夏の時期には身体が汗ばんで蒸れてしまい、その汗の匂いと相まって、香水が強烈な匂いを発してしまうという危険があるのです。

肘の内側や脇の近くなど、蒸れて汗をかきやすい部分は避けるようにしてくださいね。

 

■2:制汗剤の匂い

夏の必需品、汗が出るのを押さえ、ベタつきをなくしてくれる制汗剤。しかし、この制汗剤の使用にも注意が必要です。

汗を制するという制汗剤の特性上、どうしてもその成分は化学的なものに頼らざるを得ず、使用に際して薬品のようなケミカルな匂いを漂わせてしまう可能性があります。

外を出歩いた後、レストランなどで食事をする前に制汗剤スプレーなどを使ってしまうと、せっかくの食事タイムなのに、薬品の匂いが周囲に充満してしまいます。注意しましょう。

 

■3:頭皮の匂い

身体の汗はハンカチやタオルで拭きとって、制汗スプレーで対処すればよいのですが、髪の毛の中、頭皮にかいた汗の匂いだけはどうしようもありません。

髪の毛のせいで頭皮は蒸れやすいですし、頭は彼の顔の近くに位置してしまうので危険です。

頭皮の匂いを少しでも防ぐためには、入浴の際、シャンプーでしっかりと汚れを落としておくことが大事になってきます。できればデートの当日は朝に入浴して頭を綺麗にしておきましょう。

 

■4:服の匂い

意外と忘れがちなのが服についた匂いです。

冬場とは異なり、汗をたくさんかく夏場は衣服もその汗を多く吸い込みます。「今日はあんまり汗かかなかったから大丈夫」なんて思って、洗濯や匂いのケアをしないまま同じ服を着てしまうと、実はすごく臭かった……!なんて事態に陥ることも。

汗を吸い込んだ洋服を着続けるのは臭いの問題もありますが、不衛生でもあるので、こまめに着替えるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

汗だけではなく、これらの臭いも夏の天敵。自分でも気づかないうちに、嫌なにおいを周囲にばら撒いていた……なんて事態に陥らないように、臭いケアはこまめに気を遣いましょうね。

 【参考】

※ ぐわーっ…暑苦しい!この夏「男が逃げだすウザ女の特徴」5つ – Myworldpoker!

 【画像】

Gabriel Georgescu / shutter stock