壊れちゃうよー!独占欲ヤバすぎる彼氏にされた「危険なH」3つ

みなさんの彼氏は独占欲が強いですか? 独占欲が強くて、嫉妬が激しくて、束縛しまくる彼氏って、ちょっと恐いですよね。そのありあまるエネルギーをもっと他に向けてくれればいいのに……と、困っている彼女さんもたくさんいることでし…

みなさんの彼氏は独占欲が強いですか?

独占欲が強くて、嫉妬が激しくて、束縛しまくる彼氏って、ちょっと恐いですよね。そのありあまるエネルギーをもっと他に向けてくれればいいのに……と、困っている彼女さんもたくさんいることでしょう。

官能小説家の小川沙耶さんによれば、「嫉妬は性的欲情の強いスパイスとなる」ということですが、こういう独占欲がヤバい男子たちは、嫉妬しやすく、性的欲情も激しいのでしょうか?

今回は、小川沙耶さんとともに、銀座・新橋にて「独占欲がヤバすぎる彼氏にされた危険なエッチ行為を教えてください」と、女子たちにインタビューしてきました。

 

■1:キスマークだらけ

「他の男子とちょっとLINEするだけでも怒る彼氏がいました。その人だって、最初は浮気だったんですけどねぇ。

その日も、私がスマホいじっているのを怪しんで、ちょっとケンカ気味にエッチがはじまったんですけど、興奮のあまり、“好きなんだよ!”とか言いながら、身体中にキスマークをつけてきました。

首いっぱいとか、そういうレベルではなく、本当に身体中につけられて、ヤバかったです」(26歳/飲食店店員)

—途中でやめさせなかったんですか?

「“他に男がいないんだったら、受け入れられるよな!?”とか、凄まれて……。もういいや、って諦めの心境でした。うれしくもなんともなかったです。キスマークだらけの自分の身体を後で見て、嫌な感情しか起きず、別れを決意しました」

 

■2:ムラムラしないように……?

「“オマエは性欲が強すぎるから、外でムラムラしないように、ちゃんと解消してやらないとな”と言われて、お泊りデート中、ほぼ監禁状態で、エッチなことをされ続けたことがあります」(24歳/サービス業)

—そうされて、どう感じましたか?

「もう嫌だ!って思いましたよ。もう嫌だって思っても、強制的に続けるから、エッチな気分になるしかなくて……。そうならないと、苦しいから。確かにエッチするのが嫌になりました。トラウマです」

—じゃあ、浮気防止には効果があった?

「逆ですよ。逆、逆。もっと優しくエッチしてくれる人がいいって思いましたから!」

 

■3:ノーパン・ノーブラ強要

「まだ付き合いたてのころに、元カレから話があると言われて、返したいものがあったから、会ってくると言ったんです。ウソつきたくなかったし、ちゃんと言おうと思って。嫉妬するかなとちょっとは思ったけど、ケジメをつけたいと思ったし。

そうしたら、“行ってもいいけど、ノーパン・ノーブラで行け”と言われました」(29歳/美容部員)

—ええ? それはどういうことなんでしょう?

「よくわからないですよね。ノーパン・ノーブラで“恥ずかしい”と思うたびに、俺のことを思い出すだろうって言うんですよ。元カレといても、俺のことを思って恥ずかしがっていると思うと、自分のモノだと思えるって……。

でも、最後のお別れを言いにいくわけだし、そういうのではないから。この人は、人生経験が少ないんだろうなって、ちょっと冷めちゃいました」

 

独占欲がヤバい彼氏にされたエッチな行為について、3つエピソードをご紹介しました。一緒に取材してくれた小川沙耶さん、いかがでしたか?

沙耶「どれも彼女さんからすると、キツいエピソードでしたね。嫉妬は性的欲情のスパイスになるとは言いましたが、それは嫉妬している側の話であって、嫉妬されてる側は冷めてしまう……ということがよくわかりました」

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 【画像】

Sorbis / shuttre stock