満月の力を借りてらくらく開運しちゃうっ!5月は「ウエサクの満月」

どんなに快適な都会生活を送っていたとしても、人間とは動物的本能を備えた生き物でもあります。 恋愛もその野生の本能を活かせることが出来れば、成就しやすいもの。 生まれ持った野生の本能を活かしつつスムーズに開運するには、満月…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに快適な都会生活を送っていたとしても、人間とは動物的本能を備えた生き物でもあります。

恋愛もその野生の本能を活かせることが出来れば、成就しやすいもの。

生まれ持った野生の本能を活かしつつスムーズに開運するには、満月のパワーを最大限に活かしきることが大切です。

また女性は特に、月のリズムの影響を受けやすいとされていますよね。

せっかくなら、宇宙のエネルギーを上手に取り込んで運気アップしてゆきましょう!

そこで、長年開運について研究してきた筆者が、『Myworldpoker!』読者の皆様に、特別に効果の高い5月の満月のエネルギーの活用法を伝授したいと思います。

 

■「ウエサクの満月」とは?

毎年5月の満月の日に、ヒマラヤにあるウエサク渓谷という場所では非常にパワフルなエネルギーが降り注ぐとされています。

日本でも毎年、5月の満月には京都の鞍馬寺では「ウエサク祭り」が開かれています。今年は5月21日に開催予定で、世界中から数多くの人が集まる祭典となっています。

新緑の季節とも重なり、これから夏に向けて勢いを増していくエネルギーの波にも乗れるベストタイミング。

今回の満月は、5月22日午前6時14分に射手座で満月を迎えます。朝早くに満月を迎えますので、肉眼で見える満月としては、前の晩の21日が大変オススメです。

また今年は射手座での満月でもあるので、肝臓・怒り・手放しといったキーワードに幸運が宿ります。もう不要になった感情を解放していくのに効果が高い時でもあります。

なお今回の満月には、ボイドタイムという避けた方がいい時間帯はありませんので、最後にご紹介する2つのワークもぜひ試してみて頂けたらと思います。

また射手座の開運行動としては、遠方に旅行するなどお出かけも吉となります。今度の長期休暇に向けて、カレとの海外旅行のプランニングなども良さそうですね。

この週末は吉方位に旅行するのもおすすめです。以下、九星気学からの生まれ年ごとの5月全般と満月時の吉方位をお知らせしたいと思います。

 

■生まれ年別の吉方位(1月1日から2月3日生まれの方は、前年としてご覧下さいね)

■一白水星(1972・1981・1990・1999年生まれの方)

5月全般の吉方位として、北と南。特に満月22日の吉方位も北と南になります。

 

■二黒土星(1971・1980・1989・1998年生まれの方)

5月は、東と南東が吉方位です。特に満月22日の吉方位も東と南東になります。

 

■三碧木星(1970・1979・1988・1997年生まれの方)

5月全般の吉方位は、西になります。

 

■四緑木星(1969・1978・1987・1996年生まれの方)

吉方位は、特になし。

 

■五黄土星(1968・1977・1986・1995年生まれの方)

吉方位は、東と南東になります。特に満月22日の吉方位も東と南東になります。

 

■六白金星(1967・1976・1985・1994年生まれの方)

吉方位は、南東になります。特に満月22日の吉方位も南東になります。

 

■七赤金星(1966・1975・1984・1993年生まれの方)

吉方位は、22日は東になります。また5月全般を通して、東と西が吉方位となります。

 

■八白土星(1965・1974・1983・1992年生まれの方)

吉方位は、東と南東になります。特に満月22日の吉方位も東と南東になります。

 

■九紫火星(1964・1973・1982・1991年生まれの方)

吉方位は、北と南になります。特に満月22日の吉方位も北と南になります。

 

■満月の夜に自宅で簡単に開運できちゃう方法2選

■解放のワーク

5月ウエサクの満月の時は、心の中をパワフルに浄化できる時期になります。

解放の仕方としては、満月の夜に(今回ならば、5月21日か22日の夜に)ブルーの紙を用意して、そこにペンで心の中にある悲しいことや嫌だと思うことを書き出してみましょう。

その紙にそっと息を吹きかけてから、両手を合わせてお祈りし「解放します」と願いを込めます。

その紙を読み返すことなく、マッチなどで火をつけて燃やしましょう。今回は射手座の満月なので、火のパワーで浄化してもらうと効果的になります。
(もちろん、終わった後は、火事にならないように火の始末には気をつけて下さいね)

 

■感謝のワーク

満月が夜空にピカピカに輝いている時におすすめなのが感謝のワークです。やり方はとても簡単です。ベランダなどで満月を眺めながら、手を合わせます。

眉間に満月の光を目一杯に感じながら、今までの人生に起こった感謝できることを思い返してみましょう。至福感を味わうことが大切ですよ。

満月は月が満ちる時。その満月に満ち足りた気持ちを思い出して、同調しておくことはさらなる開運を呼び込んでくれることでしょう。

 

いかがでしょうか?

満月にあわせて海が満ち潮になるように、大部分が水分で出来ている人間の身体も、月の引力の影響を大きく受けているともいわれています。

この巨大な宇宙のエネルギーにあえて逆らわず、同調することで簡単に開運することが可能になります。

時間的に余裕のある方は、ぜひトライしてみて下さいね!

 【画像】

(photoAC/キイロイトリ)