ワガママとは違う!ガチでモテるツンデレの「ツン」の極め方3つ

みなさんも、ツンデレがモテるという話を聞いて、ちょっと試してみたことくらいあると思います。ツンとしてればモテるなんて、気を使うよりも楽しそうですもんね。 ですが、ツンの段階で「なんだコイツ……」的な反応をされ、あわてて修…

みなさんも、ツンデレがモテるという話を聞いて、ちょっと試してみたことくらいあると思います。ツンとしてればモテるなんて、気を使うよりも楽しそうですもんね。

ですが、ツンの段階で「なんだコイツ……」的な反応をされ、あわてて修正してしまったなどという失敗談は枚挙に暇(いとま)がありません。

ツンデレはモテると聞いたのに。いったい、なにがいけなかったのでしょうか?

そこで今回は、元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、本当にモテるツンデレの“ツンの作法”についてお聞きしました。

あなたのツン、えらい間違っていたかもしれません……。

 

■1:ツンはただの仮面

「ツンとしているのは、ただ恥ずかしいだけで、本当の顔はデレ。これが男子が期待しているツンデレです。

なので、“コイツの本性はワガママだな”と思わせるツンをしてしまったら、一発でアウト。

ツンはただの態度です。ワガママとは違います。自分の思いどおりにならないからって、フテくされるのは、ただのワガママなのです。

態度はちょっとツンとしているけど、言っている内容や行動は、正しい人であることが求められます。とくに態度がツンであるだけに、ここは注意しすぎるということはないくらい注意してください」

 

■2:LINEでは注意

「ツンデレのツンの態度は、男子からみたらカワイイもの。ですが、態度ですので、LINEなど顔がみえないコミュニケーションでは、非常に誤解を生じやすいのです。

ツンだからと、LINEで素っ気ないテキストだけをメッセージしたところで、カワイクもなんともありません。

むしろLINEなどは、“へー。こんなカワイイスタンプ使っちゃうんだ”と思わせるデレのチャンスと思ったほうがいいでしょう」

 

■3:デレは早めにみせる

「“ツンデレ”という、ツンが先にくる呼び名が悪いのかもしれませんが、デレをなかなかみせない人がいます。これでは、ただのイヤなヤツです。

最初のうちにデレをちょっとでもみせておくことで、“本当はカワイイところがあるのにな”と思わせることができるのです。

他のテクニックでもそうなのですが、モテにとって一番重要なのは、男子にスキをみせること。

ツンツンばかりしまくっていても、少女漫画の読者のように“これはデレのフラグだな”とは、現実の世界ではなかなか思ってもらえません」

 

いかがでしたか。ツンデレを失敗してしまうと、対象の男子だけでなく、まわりからも“なんか取っ付きにくい人”という印象を与えてしまいます。

しかし、上記3点は難しいことではありません。ちょっと気をつけるだけで、モテレベルを格段にアップさせることができますよ。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。