水原希子がお手本!「ポチャ子が知らない」痩せ子の自撮りテク3つ

インスタやLINE、流行ってますよね。 意中の彼とSNSを通じて、デートの約束をする人もいることでしょう。 ところで、SNSでの自撮り写真を見ていると、可愛く撮れている写真と“THE・ポチャ”に写っている写真がありません…

インスタやLINE、流行ってますよね。

意中の彼とSNSを通じて、デートの約束をする人もいることでしょう。

ところで、SNSでの自撮り写真を見ていると、可愛く撮れている写真と“THE・ポチャ”に写っている写真がありませんか?

オシャレな写真ばっかりアップしている!と話題の、水原希子さんのインスタ写真は学ぶところがたくさんあるんです!

おしゃれ自撮りをマスターすれば、意中の彼にSNSで惚れ直してもらえるかも!

そこで、8年間の市議時代に数え切れないほどの写真撮影を経験してきた筆者が、ポチャ子は知らない“痩せ子の自撮りテク”を3つお伝えします。

 

■1:腕を引く

正面から写真を撮影するときに、妙に目立つのが“二の腕”。

これを目立たなくするためには、肩甲骨を後ろに下げ、腕を少し引いて撮影するといいようです。

二の腕がつぶれている写真は、実力以上に“ポチャ子見え”の写真に仕上がりがち。

痩せ子の写真は、二の腕がつぶれていたり、中央にドッカーンと主張していたり……なーんてことは、絶対にありえないのです。

 

■2:顔のそばに小道具

顔のお肉は落ちにくいので、写真では、実力以上に小顔に見せたい!と思う人もいるはず。そこで活用したいのは、グラスなどの小道具です。 

自撮りの際、小道具なしで撮影すれば、顔だけがドーンと目立ちがちなので、不要なインパクトを与えることも。

グラスなどを横に置くことで顔が小さく見える上に、女性らしい印象に仕上がるから不思議です。小道具は、遠近法を用いて、顔が小さく見える位置まで前面に押し出してみるとさらに効果的です。

 

■3:斜め立ち

上半身のみの撮影だからといって真正面から映ると、実物よりもガッチリ体型&ポチャに見えるので危険なんです。

たとえ上半身のみの撮影でも、カラダは少し斜めに構えて写りましょう。

こうすることで、実力以上に痩せ子に写るんです。

水原希子さんのインスタ写真も、左右どちらかを引いている写真が多いですよね。

 

いかがですか?

SNSはすでに生活の一部になりつつある時代ですので、投稿する写真の印象って大事ですよね。

ポチャ子認定されちゃう女子の写真は、テク不足で損をしているかもしれません。

水原希子さんのようなキュートな自撮りテクをマスターして、彼をもっと胸キュンさせちゃいましょう!