中身までバレバレ!「ハイステータス男性が嫌いな服装」4つ

ハイステータスな男性ほど、相手の服装に対してとても敏感なのをご存じでしょうか。なぜなら、服装でその女性の内面まで見えるからです。 合コンなどで、「顔は私のほうが可愛いのに男性があんまり寄ってこない」という方は、もしかした…

ハイステータスな男性ほど、相手の服装に対してとても敏感なのをご存じでしょうか。なぜなら、服装でその女性の内面まで見えるからです。

合コンなどで、「顔は私のほうが可愛いのに男性があんまり寄ってこない」という方は、もしかしたら服装に問題があるのかもしれません。ハイステータスな男性は女性のどんな服装を敬遠するのでしょうか!?

ハイステータス限定の婚活パーティー参加男性48名に聞き取った結果をもとに、ハイステータス男性に敬遠される服装4つをご紹介します。

 

■1:服の色合いが地味

身に着ける服装の色は、そのときの気持ちを表しているともいいます。黒やグレーなどのモノトーンばかりを選ぶのはNGです。

ハイステータス男性が求める女性らしさは、清楚で上品な雰囲気。ベージュや薄いピンク、水色など華やかなイメージの色がおすすめです。

 

■2:高価に見えるアクセサリー

ハイステータスな男性ほど、“お金のかかりそうな女性”だと思うと避けていきます。かといって安物ばかりでも嫌なようです。

見るからにブランドという威圧的なものでなく、上品な小物をさり気なく身につけましょう。

 

■3:色気を前面に出した服装

身体のラインが全身出ているようなものや、短いスカートなどは軽い女性に見えるので、あまり好まれないようです。仕事関係の知り合いに出会ったとき、一緒にいて恥ずかしくない服装かどうかが決め手です。

 

■4:足元がダサい

「オシャレは足元から」とは、よくいわれます。一見オシャレでも靴が洋服と合っていなければ台無しです。つま先が汚れている、ヒールがめくれているなどはもってのほかです。

男性でも、スーツはオシャレで、脱いだときシャツがダサかったらガッカリしますよね。一見目立たないところに意識を向けられているかを、ハイステータスな男性は見ています。

 

いかがでしたか? 女性が着飾るうえで一番大切なのは清潔感です。清潔感のない服装は、だらしなく見えてしまいます。服装を通して、内面を見られていることを忘れないようにしましょう。